亀田家 2
史郎氏の反則指示の音声を聞いたとき、少し寂しい思いをしたものだった。この親子がボクシングにかけてきた時間とエネルギーの大きさは疑いようもないが、そこで積み上げてきたものこそが最後のよりどころとなる苦境にあって出てきたのが、技術的なアドバイスでもなければ精神論でもなく反則の指示だったとは、なんと薄っぺらい時間だったのだろうか、そう思った。しかし、12ラウンドの大毅選手の映像を何度か見ているうちに、そこに別の側面もあったのではないかと思うようになった。
12ラウンドの大毅選手の動きが「もはやボクシングではない」ものであったという意見には当然私も賛成だ。しかし、同様に表現されるであろうタイソンの耳噛みや朝青龍の膝蹴り、あるいは窮地に追い込まれたときのボブ・サップの反則などとはちょっと趣が違うように感じた。大毅選手には怒りとか焦りとかそういった感情が見受けられず、疲労感はあったものの冷静さを保ったままだった。そういう精神状態で明らかにその競技の体系を逸脱するような反則を繰り返すのは、相手を傷つける明確な意図があって試合は完全に無視してかかっているような場合であるが、大毅選手にはそういった冷徹な害意があるようにも見えず、ただ寝技に持ち込んではサミングしようとする姿はある意味「愚直」にすら見えた。

話はそれるが、大毅選手が冷静に見えたひとつの理由は、彼の顔がきれいだったことにある。ボコボコにされた顔で相手を放り投げれば必死な印象を生むが、特にどこか腫れているわけでもない普段どおりの顔ではそういった感じを受けることは無いわけだ。「切腹はされないんですか」などと愚かな質問を浴びながら控え室へと引き上げていく時の顔などを思い出してみても、大毅選手の顔が非常にきれいだったということには注意を払うべきだ。チャンピオンも「思ったよりは」と認めていたように、12ラウンドを戦ってあれだけきれいな顔でリングを降りたということは、それなりに優れたディフェンステクニックをもっていたということではないのかと思う。

閑話休題。
12ラウンドの映像を何度か見ていてしみじみ思ったのは、この人はボクシングが好きではないんだなぁ、ということだった。幼児が親に言われて嫌々しているお稽古事の発表会というとちょっと行き過ぎだが、別にボクシングなんかどうでもいいんだというような声が聞こえてくるようだった。
その後、大毅選手についての記事をいくつか漁ってみたら、兄弟の中でボクシングへの情熱がもっとも薄く、能力的にも劣等生と自他共に認めていたということを知って、やはりそうだったのかと思った。あの反則指示も史郎氏らに技術的な裏づけが不足しているばかりでなく、指示を受ける大毅選手にそういった技術的なアドバイスを受け入れる余地がすくないという判断のもとに行われたのではないだろうか。つまり、もう試合はどうしようもないからこれ以上「ボクシング」をしなくてもいい、という許可だったのではないだろか。
大毅選手のみがコスプレや歌謡ショーを行うのも、観客に対するサービスというより、彼の気分を盛り上げ力を発揮させようという配慮によるものではないかと思う。

こういったことを考え合わせて見ると、「勝つことが全て」という言明が単に反則をしてもいいというだけの浅いものではないことが分かるし、興毅選手が世界一の父親だと言って擁護した理由も分かる気がする。
かつて長男の興毅選手だったか中学か高校の時に恋人がいて、ボクシングへの意欲につながるならという理由で史郎氏公認だという話で、ものわかりがいいというより現実主義的な考え方をする親だなと驚いた記憶があるが、なかなか出来ることではない。飴とムチを使い分けるというのは良く聞くが、史郎氏の場合、ムチとムチというのか、厳しい所謂普通の「ムチ」と、相手の気持ちを盛り上げ励ます「ムチ」とを使い分けているようで、亀田家の教育論というのはもっと注意深く扱われるべきだと思う。

問題は史郎氏の思考の範囲が息子達のことを越えなかったということで、世界チャンピオンですらも息子のための踏み石としか見ることができない心が、金的攻撃というもっとも卑劣な行為の指示に結びついたことに弁護の余地は無い。
[PR]
by tyogonou | 2007-10-30 00:29 | スポーツ | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/7642034
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 法螺貝 at 2007-10-30 03:43 x
元々、亀田家のスタイルはガチガチにガードを固めたうえにクラウチング(前傾)にかまえる変則的なピーカブーです

フックは両腕、頭は下を向いてジャブなどは額から上で受ける
クラウチングスタイルにより低く構えボディを相手から遠ざけ打ちにくくする

防御するだけなら非常に利にかなった構えですが
腕のガード高いためジャブやストレートが出しにくい
ガードの時は下を向くため攻撃が読まれやすく単調になる
とにかく顔の前でかまえるダマトのピーカブーと比べるとガード固いが攻撃に移りにくい

相手の攻撃ありきのカウンター狙い主体の攻撃になるが…内藤選手にくせっつうかタイミング読まれてましたね
<< 密室批判 想像力の欠如 >>