小泉首相を弁護する
首相、苦しい立場に 自衛隊派遣は継続方針
私は小泉首相には大概において批判的であるが、弁護すべきところは弁護しておこう。
首相は自衛隊撤退要求に応じないことを早々と表明、最悪の結果につながった。
第一に、ザルカウィ氏のグループの人質事件を考える際に忘れてはならないのは、彼らがアルカーイダというプロフェッショナルな(あるいは職業的な)テロリストグループの一員であるということだ。つまりその活動は、侵攻したアメリカ軍によって損なわれたイラクとイラク人の権利等を回復するため活動というより、世界中に広がっている「アメリカ的なもの」(その境界を彼らがどのように設定しているかはともかく)の影響に抗う大きな動きの一部として捉えるべきだと思う。彼らは日本にしろ他のどんな国にしろ、人質をとられたからといって自国の軍隊をイラクから撤退させるわけにはいかないことは承知しているはずなのだ。彼らが目指しているのはそれぞれの国ごとの交渉で結果を出すことではなく、こういった事件を積み重ねていくことで、イラクに軍を派遣している国々に厭戦のムードといったものを醸成していくことにあるのだと思う。だから、首相がごく一般的な原則に従って行動することを表明したからといって、「キレて」しまうほど初心なはずはないと思う。
第二に、「テロリストとは交渉しない」という原則だが、これは、テロリストの要求を聞くことは



テロリズムを効果的な手段にしてしまうことになる、という考え方に基づいている。テロでは効果が上げられないとなれば、皆ほかの手段を探すことになり、テロを起こそうとするものはいなくなるだろうということだ。実際には、そういったロジックがきちんと踏まえられることなく、人命に対する軽視・無関心や、時には怠惰の体のいい言い訳として、この原則が使われる可能性もあるだろうと思う。それに、この原則に従っていてもテロはちっとも減少していないという現実から、この原則の見直しを考える動きもあるようだ。しかし、この原則に沿った決断や行動を非難するためには、対案となりうるようなテロリストへの対応についてのある程度一般的なドクトリンを用意しておくべきだと思う。残念だが、それができなければ支持するしかない。

政府、身元確認で大混乱 問われる危機管理能力
情報が錯綜したことにも同情の余地があると思う。なんといっても情報源が非常に限られている状況の中で正確さを確保することは難しい。これは情報を受け取る私たちの側で、結論を急ぎ過ぎないようにするべきなのだと思う。特に今回のニュースは緊急性が高いわけではないのだから。(もちろん、家族など近しい人たちにとっては事情が異なるけれど。)また、「危機管理能力」を問題にするのも違うと思う。現在の情報ではこの誤報の原因は、現場の米軍関係者の判断がいいかげんだったということのようであるし、特徴が一致する(という)遺体が発見されたので国外に運んで確認するというプロセスは、イラク国内の情勢を考えれば妥当なところだったのではないかと思う。もし、身元確認を速く正確にすることがそれほどまでに重要であるのなら、やるべきことはイラクにジャーナリストの大集団を送り込むことだが、もちろんそれは論外だ。
唯一、私が疑問に思ったのは、その遺体が銃殺されたもののようだということだった。そのときには身長、体重、髪型が一致するという情報に疑問を感じる根拠もなかったから、ザルカウィを騙ったほかのグループの犯行だったのかと考えたのだが、手口の違いについて触れられていないようなのはちょっと疑問だ。

最後に書いておかなければならないことがひとつ。それは、そこに(殺されて)亡くなった方がひとりいるという事実だ。一応、人々の注意が香田さんの消息へと移っていくのは理解できる。が、日本人ではなかった、な~んだ、ということで終わってはいけない。間違えられた人にも死を悼む家族や友人はあろう。間違えられたのもひとつの縁だと仏教者なら言うかもしれない。黙祷。

つらいニュースも入ってきたようだ。
日本人の遺体発見か=政府、身元確認進める
[PR]
by tyogonou | 2004-10-31 09:41 | 国内政治 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/771455
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 愚かではあったが悪ではなく イチローの成したこと >>