高砂親方
朝青龍謝罪、横審カンカン!! 高砂オロオロ | エキサイトニュース
 今月20日、正式に来日スケジュールが確定したとき、「横審に謝罪はしないのか」と聞かれた師匠の高砂親方(元大関朝潮)は「考えていない。謝罪しろって、誰からも言われていないし」と完全無視することを明らかにした。これには、ただでさえ一言多い横綱審議委員たちだけに、おもしろいはずがない。
朝青龍本人については30日の会見を見てから判断を下すべきではあるが、周囲がこんな調子だと本人にもまともな発言を期待出来そうにない。朝青龍の行動が誰にどのような迷惑をかけたのか教え諭し納得させるのは、師匠たる高砂親方がまず第一に担うべき役割だが、その親方が謝罪とは誰かから言われたからするものだというような認識でいるのではどうしようもない。

余談だが、記事中の「一言多い」は使い方を間違っているように思う。
[PR]
by tyogonou | 2007-11-29 23:31 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/7766771
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 防衛省汚職 "What do w... >>