古舘の言語明瞭意味不明
古舘の言語明瞭意味不明 「敢えて報告」とは何なのか | エキサイトニュース
古館の無駄に仰々しい修飾語にいちいち意味を求めるBPOの方が大人気ないと思うのは私だけだろうか。「敢えて」という表現をしたのは、たんにそれによってリズムがついて間が抜けないというだけのことに過ぎない。
また、謝罪の文言が適切であるからといって、その人の心底がその通りであるとは限らないし、状況が改善されるかどうかも分からない。隠しカメラ問題についての福澤朗のコメント内容は非の打ち所のないものだったが、その後の成り行きを見ると、やはりあの涙は何だったのだろうかと思わざるをえない。だからといって、古館氏や報道ステーションが今後見事な変化を見せてくれるという希望があるというわけでもないのだが。
[PR]
by tyogonou | 2008-02-07 00:34 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/8026046
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 倖田來未バッシング 貴乃花役員 >>