主文後回し
光市母子殺人事件でも見られた「主文後回し」が示す“重さ” | エキサイトニュース
「主文を後回しにするのは、ご想像通り、先に言ってしまうと被告人が動揺してしまうからです。死刑判決にするときは、ほぼ主文後回しになり、逆に死刑判決以外で主文を後回しにするというのは、聞いたことがないですね」
主文後回し=死刑だと分かっているなら、後回しにしても被告人が動揺しないということはないだろう。主文を先に書くことが決められているならその通りにすればよいし、被告を動揺させないようにすることが重要なら主文は全て後回しにすればよい。不合理なことをするものだ。
[PR]
by tyogonou | 2008-04-25 00:44 | 社会 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/8466247
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 最新エンタメブログ at 2008-04-25 11:44
タイトル : 主文後回し 厳刑
「光市母子殺害」で死刑判決 そのとき高裁で…J-CASTニュース開廷草々、「主文後回し」の一報がスタジオに。 弁護士の大澤孝征も「死刑だけとは限らないが、こういう場合は、主文は後に回すのが慣例になっています」と。被告の元少年(犯行当時18)に対し、極刑が予想される判決スタートとなった。 現地のリポーターによると、裁判長 ...(続きを読む) 主文、後回しですの意味「主文、後回しです! 主文は後回しにされました!」 4月22日、広島高裁で公判が行われてた山口県光市母子殺人事件の差し戻し控訴...... more
<< パンダ「いてもいなくても…」 褒められること、脳にとっては現... >>