刑務所出所また凶悪事件 再犯者は厳罰にすべきではないか
刑務所出所また凶悪事件 再犯者は厳罰にすべきではないか | エキサイトニュース
ネット上では、こうした再犯者らの凶行に対し、厳罰を求める声が強まっている。不可解な事件増加への懸念、被害者感情の悪化などから、犯罪者を見る目が厳しくなっていることが背景にあるようだ。
そういう声が出てきているだろうことは容易に想像できる。
しかし、もし刑罰が本当に甘いのであれば、川越の立てこもり事件の容疑者は逃げ切れない状況になったら、さっさと拳銃をすてて投降したのではないか。すくなくとも強盗と銃刀法違反では死刑にはならなかっただろうから、自殺することはないはずだ。
[PR]
by tyogonou | 2008-06-04 22:41 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/8719430
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 杉下右京の愛され方 「せんとくん」対抗キャラは「ま... >>