Jリーグの対応を批判 川崎の我那覇弁護団
Jリーグの対応を批判 川崎の我那覇弁護団 | エキサイトニュース
この問題もっと早く決着がつくかと思っていたがJ側の対応は遅すぎる。
仮に川崎Fもスポーツ仲裁裁判所に提訴したとしたら、話を聴かれることも無いまま川崎F側が勝利してもおかしくない。
最初Jがクラブの管理責任に関して別の詳しい規定を設けているのかと思ったがそういうわけでもないようで、下のニュースリリースを見るかぎり単純に同じ問題に関して選手および管理者の責任を問うているに過ぎないようだ。選手に対する処分が不当なものと裁定されたのだから、管理者の処分も同様に不当だと考えるのがごく自然な考え方で、ビタミンの静脈注射が医学的に必要だったか否かという問題を関連付ける理由は全く無い。
川崎フロンターレおよび我那覇和樹選手に対する制裁の件
[PR]
by tyogonou | 2008-06-07 00:24 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/8734635
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 水着騒動 やぶへびにならないか? >>