衣服を透視するX線検査
公認の覗き?ヒースロー空港で衣類を透視するX線検査
この程度にまで見えるらしい
こういうふざけた装置にこそバンザイアタックをかけたくなるのは私だけだろうか?
そもそも服を着ていることが諸悪の根源なのではないかと思えてくる。イスラエルで起きたような、衣服の下に爆弾を巻いてバスの中などで爆発させるタイプの自爆テロを防ぐためにも着衣禁止法を作ったらいいのではないか?(もちろんNFLのハーフタイムショーで歌うときだけは特例として脱衣禁止だ!)フランスでは公立学校ではアラブ系の生徒のへジャブを禁止したが、そもそも着衣自体を禁止すれば差別のなんのと騒がれることも無くなる。バチカンがうるさく言うかもしれないが、政教分離です睨下!ということで押し通せばよい。
[PR]
by tyogonou | 2004-11-12 22:45 | 国際 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/960183
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「イスラム法学者協会が宗教指導... 「中国の潜水艦が活動している海... >>