本当に「年金連続テロ」なのか 義憤だとすると不審点多い
本当に「年金連続テロ」なのか 義憤だとすると不審点多い | エキサイトニュース
情報が少ない今の段階であれこれ言っても仕方がないが、不可解な事件だ。
年金問題が切実な年齢なら、こういった凶行を可能にするエネルギーもナイーブな正義感も薄れていて、もっと現実的なことを考えるだろうし、犯人が若いのはそれほど不思議なこととは思わない。
しかし、犯行声明の類が一切ないというのは不思議だ。テロリストにとって、犯行をアピールすることは、犯行そのものと同等、あるいはそれ以上に重要なものだ。被害者が現役でなんらかのプロジェクトに携わっていて、それを止めさせたいというならまだ分かるが、引退したシンボル的な存在を攻撃するならそのアピールの方が明らかに重要だ。単に声明が発表されていないというだけではない。最初の事件の発見が一晩経ってからだったように、凶行そのものを目立たせようという意図が全く見受けられない。宅配便を装うという古典的な手口で玄関を開けさせ、いきなり犯行に及び、速やかに逃亡する。騒がれないようにナイフで脅して縛り上げたわけでもない。何箇所も刺すという荒っぽさはあるものの、どちらかというと事務的な、ヤクザのヒットのような犯行のように思える。
「内部で人事上不利な扱いを受けたケースとかも考えられますね。若い男が犯人なら、父親がそういう扱いを受けて、息子が復讐したのかもしれない」
かといって、これも今ひとつ説得力に欠ける。二人が辞めてから年月が経っているわけだし、いくら息子でも父親の人事上の扱いという問題でそれほど激しい憎悪を抱くとも思えない。また、仮にそうだとしても、もっと前からトラブルにはなっていたはずだ。

まだ、どっちともつかない事件だがこれが本当にテロだとすると、犯人は非常に危険なテロリストだと思う。その場合、犯行声明がないことなどは、犯人の冷静さと自己コントロールを示すものであって、狂気に酔ったのではなく正気を保ったまま行われた犯行であることを意味している。そういったテロリストが現れたのなら、それは本当に恐ろしいことだ。
[PR]
by tyogonou | 2008-11-20 01:20 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/9902512
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 小朝の野望? <定額給付金>神奈川知事「自尊... >>