小朝の野望?
大物芸人を怒らせた春風亭小朝の野望と独断専行 | エキサイトニュース
独断専行については分からないが、小朝が正蔵や三平の名を欲しがっていたというのは本当だろうか。
小朝は、8代目林家正蔵の孫弟子。彼にとって、正蔵の名跡は最高の名誉だった。
これは理屈としておかしい。そもそも8代目は4代目柳家小さんの弟子であり、5代目を争って負けたときに、代わりとして代々怪談を得意とした林家正蔵という名を三平から借りたものであるから、8代目正蔵の孫弟子としての名誉は8代目が海老名家に正蔵を返した後に名乗った「彦六」か、あるいは8代目がなれなかった「小さん」になることの方にあるはずだ。「三平」もいっ平が今度「二代目」となるように、真打として由緒のある名前ではなく、芸風も違う小朝がそれを欲しがるというのも解せない。
それに、そういった立派な名前を欲しがっていたなら、なぜ真打昇進の時にちゃんとした名前を名乗らず前座名を続けたのか。
また、結婚前に分からなかったということかもしれないが、娘と結婚したからといって、あの海老名家が、二人いる息子を差し置いて正蔵の名前を小朝に寄越すだろうとそもそも考えるだろうか。

権力という点でも、三平亡き後の海老名家に近づくことが落語界における権力をつかむ近道になると考えただろうとも思えない。「小朝に人望がないのは、落語業界では特に有名。何事も独断専行ですからね。」というが、権力欲に憑かれた人間なら根回しを大切にして人望を集めることに努めそうなものだ。
しかも、香葉子さんに命じられて、2人の襲名披露のプロデューサーという裏方に回された。
打算的な人間が甘んじてそういった役割を引き受けるとも思えないし、そういう状況なら襲名披露を協会に相談しなかったことの裏にも「香葉子さん」の意向があったのではないかと思えなくもない。

個人的には、あのぶっ飛びすぎた嫁さんと20年ももったというだけで、大変な人格者に見えてしまうが。
[PR]
by tyogonou | 2008-11-24 23:53 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/9929357
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「裁判員の通知届いた」――mi... 本当に「年金連続テロ」なのか ... >>