2007年 07月 31日 ( 3 )
更迭される予定の大臣
<安倍首相>赤城氏留任させず…9月改造で示唆 | エキサイトニュース
 安倍晋三首相は31日夜、参院選での自民党惨敗を受け、党総務会で赤城徳彦農相の即時辞任か更迭を求める声が出たことについて「赤城大臣も含めて人心を一新していく」と述べ、9月に予定する内閣改造・党役員人事で赤城農相を留任させず、事実上更迭する意向を示した。首相官邸で記者団の質問に答えた。
批判の的となっている赤城農相の名前を出したことも理解できるし、「対象者の身辺調査をこれまで以上に入念に行う」ために内閣改造が9月になることも理解できる。しかし、これから丸一ヶ月、不祥事によって更迭されるいわば不適格の烙印を押された人物が大臣の席に座りつづけるということになるのはいかがなものか。個人名を出すなら時間をかけず、時間がかかるなら個人名を出さない。
もっとも、自分自身選挙で惨敗しながら続投しようというのだから、そのあたりには鈍感力が働いているのかもしれないが。

追記
Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <赤城農相辞任>事務所費問題などで引責 若林環境相が兼務
辞任させるよりほかなかったということだ。
[PR]
by tyogonou | 2007-07-31 23:54 | 国内政治 | Trackback | Comments(0)
深読み
朝青龍処分めぐり内部抗争ぼっ発か…緊急理事会 | エキサイトニュース
交通事故と仮病疑惑とどっちの罪が重いか、わかりませんが、朝青龍は天下の横綱ですからねえ。巡業部が朝青龍拒否を打ち出したのは、旭天鵬よりも軽い処分ではわれわれは黙っていませんよ、という北の湖理事長への無言の圧力。これは一種の内部抗争、親方たちは、引退後も何かあるとすぐ相撲をとりたがるんです
こういう話は煽った方が面白いということなのかもしれないが気が早すぎだ。出羽の海一門の北の海理事長が高砂一門の朝青龍に肩入れしているというわけでもないだろうし、朝青龍への処分が軽すぎれば筋が通らないということで揉めるだろうが、朝青龍拒否の理由はやはり横綱たるものの言動の重さと素直に見るべきだろう。
もっとも巡業部としては勧進元など協会外部の関係者に迷惑をかけたことや、なによりみ朝青龍を見るのを楽しみにしていながらそれほどの重症ならしかたないかとあきらめたであろうファンを裏切ったことを口にしなければならないはずだが、それがないのはどうかと思う。
[PR]
by tyogonou | 2007-07-31 22:26 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
「反省してます」
Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <朝青龍>サッカー問題で理事長に謝罪…「反省しています」
朝青龍の参加求めず=「骨折でサッカー」に怒り-相撲協会巡業部
日本相撲協会巡業部は27日、善後策を協議し「横綱が診断書を提出した以上、巡業に出なくても結構」(大島部長=元大関旭国)との考えで一致した。
朝青龍にはこのコメントの「温度」が伝わっているのだろうか。
根本的に朝青龍には観客を大切にする気持ちがかけているのが大きな問題だ。相撲が好きで稽古も研究も熱心にしている(いた)ようだが、本人の意識がプロスポーツのスター選手という自己認識であって、相撲というものの「周辺」を理解しようという気が全くないように思われる。もちろん、他のプロスポーツの一流選手にも、ファンを大事にする意識の高い人は少なくないし、頂点に立つ者のそういった責任感や使命感をもっていれば謝罪のコメントでもファンに対して一言あったはずだろう。それに相撲の巡業では、力士は一般の人々と直接触れ合うことによって相撲の「土壌」を養成する重要な役割を果たさなければならないわけだが、朝青龍にとって「横綱」としての職責にはそういった役割は入っていないように見受けられる。
相撲協会の処分がどのようなものになるのかわからないが、個人的には、朝青龍が過去に起こしたどの問題よりも横綱としての適格性に疑問を抱かせる問題だと思う。
[PR]
by tyogonou | 2007-07-31 00:29 | スポーツ | Trackback | Comments(0)