カテゴリ:未分類( 102 )
『ザ・コーヴ』狂想曲 海外メディア・関係者・監督を直撃!(前編) (日刊サイゾー)
『ザ・コーヴ』狂想曲 海外メディア・関係者・監督を直撃!(前編) (日刊サイゾー) | エキサイトニュース
ア社 原文では「イルカ肉から2,000ppmの水銀値が検出された」とありましたが、この数字があまりに極端だと疑問符がつき、「検査結果にはバラつきがあるためこの数値の限りではない」という意味のキャプションを加えました。また、「イルカ肉を鯨肉として偽装販売している』という部分にも、『水産庁はそうした事実はないと判断しています」と入れてあります。映画の最後にも、太地町の反論内容を但し書きとして入れました。
実は私はイルカ肉を食べたことがあるのだが、正直「鯨肉として偽装販売」できるのか疑問に思う。所謂「鯨肉」として普通イメージされるものとは「似て非なるもの」ではなく、全くの別物だからだ。Wikipediaでは「クセが強い」とされているが、強烈な匂いと独特な筋繊維は他のどんな肉とも似ていない。鯨肉として偽装するなら、牛肉やマグロの血合いの方が余程やりやすいだろう。
私が食べたのは味噌煮と干物で、味噌煮はモツの味噌煮込み同様、味噌と牛蒡などの根菜類によって臭みを消す訳だが、牛蒡が少なかったのか匂いは強烈だった。干物は昔の硬いビーフジャーキーの肉質をカワハギのみりん干し風にしたような感じといえばいいのだろうか、そこに例の臭いが加わる。
肝心の匂いだが、ちょっと表現し難いものだ。匂いには血液からきているものもあるのだが、ヘモグロビン臭いというのとも違うし、モツの臭みとも違う。臭いというとすぐ思い浮かぶ醗酵臭とも違う。強烈ではあるが頭をひっぱたかれるような強烈さというより、しつこいボディーブローのようなキツさで、二度と食べたくないというほどでもないが、また食べたいとも思わないというのが私の正直な感想だ。
この匂いは、主にプランクトンを食べるヒゲクジラと異なり、イルカが魚を主食にする肉食動物であるところからきているのだろうが、残念ながらトドや熊などは食べたことが無いのでそれらと共通するところがあるのかどうかは分からない。
偽装という話に戻ると、ヒゲクジラではなくハクジラなら臭みなども共通しているから偽装は可能かもしれないが、あえてハクジラを食べようという人ならそのあたりの知識もあるだろうし、あえてクジラ肉として売る必要があるのか疑問に思う。もちろん、事情を知らない一般人が竜田揚げの懐かしさから「鯨肉」として購入すれば痛んでるなどと苦情が来るのは確実で、偽装になりようがない。

「リック・オバリーがマッドサイエンティストみたいでやばすぎる。日本のコミックに出てきそう」
シーシェパードの代表などもそうだが、私はどうしてもキャプテン・エイハブを連想してしまう。
[PR]
by tyogonou | 2010-03-16 00:27 | Trackback | Comments(0)
玉置宏さんを偲ぶ

何気なく聴いていたら曲紹介が玉置さんだった。
音源の不正使用が問題になった「ラジオ名人寄席」を時々聴いていたから、あの事件以降元気をなくしてしまい、そのまま復活することなく亡くなってしまったというのは残念でならない。顔や表情の見えないラジオでは特に、玉置さんの明るくてすっきりとした語り口は聴きやすくて良かったと改めて偲ばれる。
[PR]
by tyogonou | 2010-02-17 00:18 | Trackback | Comments(0)
【コブスくんのモテ男道!】カフェ店員が聞いた! お客さんの“口説き文句”の数々!
【コブスくんのモテ男道!】カフェ店員が聞いた! お客さんの“口説き文句”の数々! (COBS ONLINE) | エキサイトニュース
バーにて
男 「酔ってるときのキミは本当に綺麗だ」
女 「あら、私お酒なんか飲んでないわよ」
男 「そんなこと分かってるさ、酔ってるのはボクのほうだ」
本当に言ったら引っ叩かれるかな
[PR]
by tyogonou | 2010-01-28 00:25 | Trackback | Comments(0)
「新成人におすすめしたい20の本」、新成人に贈呈される
「新成人におすすめしたい20の本」、新成人に贈呈される (スラッシュドット・ジャパン) | エキサイトニュース
某宗教団体のラジオCMを連想してしまったが、まぁテーマパークで成人式をするよりはいい。
ただ、20歳なのだから、『一分間で分かる「菜根譚」』ではなくて、『菜根譚』そのものを挙げたらどうかと思う。やはり文庫で手に入るのだから。
よく書物を読む者は、喜びのあまり小躍りするようになるまで読んで、そうしてはじめて文字の末に落ちずに、真意をつかむことができる。また、良く事物を見る者は、心がそれに融合して一体となるようになるまで観察して、そうしてはじめて事物の形に捕らわれずに、真相を悟ることができる。(第214講)
私はたいした読書家ではない。要点を押さえて何冊も読んでいくのではなく、何度も読んで内容も知っている本なのにさらにしつこく読んでいくような読み方をするのだが、言ってみれば子どもの本の読み方ということになるのかもしれない。現代ではあまり勧められないけれども、「菜根譚」のこの一節を言い訳にしている。
そんな私が新成人に推薦するなら「窓際のトットちゃん」を挙げてみたい。最近では読んでない人も増えてきただろうから。トモエ学園のユニークな学校生活も心に残るが、小学一年生が登校するのに、引き綱もつけないシェパードをお供に連れ、校門で分かれると犬は一匹で勝手に家まで戻ってくるという、今ではありえないおおらかな時代の情景というものを知っておくのはいいことだと思う。
[PR]
by tyogonou | 2010-01-12 23:05 | Trackback | Comments(0)
大相撲・「ひよの山」が国技館に
Yahoo!ニュース
内館さんにはこちらを退治して欲しかった。
古くはJALのCMとか、最近では(本物の力士は出なかったが)日清太麺堂々のCMとか、相撲取りは大きな存在感のある「キャラクター」として使われてきたにも関わらず、こんなちゃちな着ぐるみを頼るなんて情けないかぎりだ。
以前youtubeに、若い力士がドナルドダックのまねをして子供達にうけていた映像があったが、力士達にそういうカジュアルな場でのファンサーヴィスをもっと充実させるとかやるべきことはもっとあるだろう。


そんなにキャラクターとかが欲しいのならこの曲をイメージソングとしてEXILEにでも歌ってもらえばいい・・・。そんな悪態をつきかけたが、久しぶりにこの歌を聞いたら、氷川きよしには冗談抜きでぴったりの曲かもしれないと思った。それによってきよしファンが相撲に興味を持つかどうかは疑問だけれど。

記号の働きは、つねに両義的である。その機能は二重の意味で祓いのけることである。つまり記号(力、現実、幸福等々)を捉えるためになにかを浮かび上がらせることであり、他方、否定し、抑圧するために何かを呼び起こすことである。(『消費社会の神話と構造』24ページ)
こういった「キャラ」なども、同じようにそれが体現しようとしていたもともとの何かの魅力を否定し抑圧することになっているように思われる。
[PR]
by tyogonou | 2010-01-08 00:14 | Trackback | Comments(0)
ジェッディン・デデン(父もその父も)

以前ちょっと触れたことのある演奏だが、あちらの人が日本語訳つきでUPしていた。日本語訳がこなれていないのはご愛嬌。
たいして難しくないがカタカナ歌詞もつけておこう。


ジェッディンデデン ネスリンババン
ジェッディンデデン ネスリンババン
ヘプハー らーマン トゥークミレティ

オるドゥラルーン ペクチョクザマーン
ヘるミシュティレーれ ドゥンヤーヤシャン
オるドゥラルーン ペクチョクザマーン
ヘるミシュティレーれ ドゥンヤーヤシャン


トゥークミレティ トゥークミレティ
トゥークミレティ トゥークミレティ
アーシュキー レッセブ ミリイェティ

カーハれットヴァタン ドュシュマヌヌーウ
チェクシンオメール ウンズィレティ
カーハれットヴァタン ドュシュマヌヌーウ
チェクシンオメール ウンズィレティ
[PR]
by tyogonou | 2010-01-07 23:44 | Trackback | Comments(0)
スーザン・ボイル
以前彼女のCDについてここで語ったことを訂正しなければならない。
紅白でのパフォーマンスを見たらBGTの頃よりずっと上手くなっていて、CDの透明な歌声がエンジニアがいじった結果ではないかという私の意見はどうやら間違っていたようだ。

ところで紅白の字幕で表示されたこの歌の歌詞の日本語訳はちょっと変だった。
「私には支払うべきお金もなく 歌うべき歌もなく 飲めるお酒もなかった」
"there was no ransom to be paid, no song unsung, no wine untasted"
ここは、若く夢に満ち溢れていたころ「金の心配もしないで飲めや歌えやの楽しい日々だった」という意味だが、この字幕ではそれが正反対の貧しく夢も希望もない日々になってしまっている。
[PR]
by tyogonou | 2010-01-02 00:03 | Trackback | Comments(7)
謹賀新年
あけましておめでとうございます

今年はいい年になりますように
[PR]
by tyogonou | 2010-01-01 23:21 | Trackback | Comments(0)
品切れ書店続出「巻くだけダイエット」 「効果は考えられない」という専門家も (J-CASTニュース)
品切れ書店続出「巻くだけダイエット」 「効果は考えられない」という専門家も (J-CASTニュース) | エキサイトニュース
なぜか「過去3時間で投票数が多い記事」に上がってきていた。
ゴムバンドのダイエット効果云々はどうでもいいが、ちょっと面白いことを思い出した。

実践!「元気禅」のすすめ (宝島社文庫)

玄侑 宗久 / 宝島社

禅というより健康法の本という感じの本だったが、そのなかの「立って中心を知る」という項に骨盤をゴムチューブで締めることで中心感覚を知るという方法が紹介されている。
まず一メートル程度のゴム紐を一本用意する。自転車のチューブでもよい。それを骨盤に強く巻いて実験するのだが、巻く位置は股関節とベルトが乗っているわき腹の骨盤の骨との間である。今でも雲水たちが托鉢に出るときは、衣の上からこの位置に一本の腰紐を締めて衣を折りこみ、余分のすそを上げてアルク。一本の腰紐によって骨盤を整えるのである。
(中略)不用意に締め続けると、身体の中心部の筋肉群が酷使されて生命力が消耗され、どうしようもない腰痛や倦怠感におそわれる。とりあえずは、一日2時間程度で様子を見る。
自転車のチューブでいいなどといわずにお洒落なチューブを付録につければ本の売り上げもぐっとアップしたのだろうが、坊さんがそんな商売っ気たっぷりでも困る。
調べてみたら雲水の腰紐は手巾(しゅきん)というらしいが、写真などを見るかぎりベルトなどと同じように骨盤の上に巻いているように見える(雲水姿ではないがこの本の表紙の玄侑 宗久氏の写真もそのように見える)のはどういうことなのだろう。そんな不安もあったが、手近にちょうどいいチューブがあったので試してみたが、なるほどと思った。チューブで締めて直立するだけでも「中心感覚」なるものは分かるのだが、その状態で階段を登ると重心のブレが非常に少なくなっているのが良く分かる。ひざに痛みがあったのもあまり感じなくなっていた。
骨盤にゴムバンドを巻いてダイエット効果があるかどうかは分からないし、幅の広いバンドで骨盤全体を巻くのと細いチューブなどで締めるのとで違いがあるかもしれないが、そういう意味では体に良い効果をもたらすかもしれない、と思う。

『実践!「元気禅」のすすめ』でもうひとつ面白かったのが呼吸法である。
しかしいろいろやってみて、今いちばんよさそうだと思うのが「全身呼吸」あるいは「全体呼吸」と呼んでいるもので、イメージとしては頭のてっぺんから脚の先まで喫水線をイメージしながら吸ったり吐いたりします。
自分の体を空の容器に見立て、息を吸うと下から水が溜まっていき、吐くと出て行って水面が下がっていく。非常に単純な方法だが、息を吐ききる(深い呼吸をする)のに非常に効果的だ。試しにこのイメージで普通に息を吐いてみるとおなかのあたりまでしか喫水線は下がらないのだが、そこから足先まできっちり下げようとすると、かなり長く徹底的に吐くことができる。下手にあれこれ工夫を凝らした呼吸法よりずっといいかもしれない。
[PR]
by tyogonou | 2009-12-24 23:27 | Trackback | Comments(0)
スーザン・ボイルさん紅白に出演 英国のテレビ番組で話題 (共同通信) | エキサイトニュース
スーザン・ボイルさん紅白に出演 英国のテレビ番組で話題 (共同通信) | エキサイトニュース
ちょっとびっくりした。NHKもなかなかやるもんだが、緊張しやすい性質の彼女に生で歌わせて大丈夫なのだろうか。
[PR]
by tyogonou | 2009-12-24 20:31 | Trackback | Comments(0)