<   2004年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧
スマトラ地震
現在のところ3000人超の犠牲者というがこの数字はもっと増えるだろう。
自然の力はあまりに大きくあまりに無慈悲だ・・・。
[PR]
by tyogonou | 2004-12-26 23:26 | 国際 | Trackback | Comments(0)
ブッシュとイスラム聖職者
<イラク人質>解放された仏記者がフィガロ紙上で体験談
11月の米大統領選挙の2週間前にマルブリュノ記者が「ブッシュとケリー(民主党候補)のどちらが勝ってほしいか」と尋ねると、同メンバーは「ブッシュだ。ブッシュなら米軍はイラクにとどまり、我々も増長できる」と答えたとされる。マルブリュノ記者は「文明の衝突を望むブッシュとイスラム聖戦主義者」の相関関係を感じ取り、「ビンラディンの惑星にいた」と4カ月に及ぶ拘束生活を総括した。
「文明の衝突を望むブッシュとイスラム聖戦主義者」常々思っていることだが、テロリストとアメリカ、あるいはセキュリティ・ママといわれるような人たちの関係は共依存的だ。問題はブッシュがそれを問題視していないし、ビンラディンにいたってはそれをうまく利用しているところだ。
[PR]
by tyogonou | 2004-12-26 00:55 | 国際 | Trackback | Comments(0)
クローンとオリジナル
話題のクローン猫を5万ドルで販売した企業とは…。 | Excite エキサイト
「我々の依頼人であるジュリーさんによれば、クローン猫のリトル・ニッキーは元猫のニッキーとあらゆる点でまったく等しいということです」と、ジェネティック・セービング&クローン社のベン・カールソン副社長はNBCの番組で語った。
かわいがっていた猫が死んだ。そこでクローン技術で全く同じ猫を・・・という気持ちは分からないでもない。しかしそれはある意味でオリジナルの猫にとって残酷な仕打ちであると思う。「口の中のほくろや風呂の水であぞぶ癖」といったような属性をクローンに引き継がせるということは、ニッキーというオリジナルの猫からそういった属性を取り上げてしまうことになるからだ。言い換えると、それはニッキーを独自の思い出と共に記憶することを拒否することである。かつてニッキーという猫を飼っていたことは知識として飼い主の頭の中に残るとしても、生前の情景が切なさといった感情とともに胸によみがえってくるということはなくなってしまうだろう。そのような情景はニッキーの思い出ではなくリトル・ニッキーの日常となってしまうからだ。何代もペットを飼い続けていれば、昔のペットに対する感傷が薄れていくのは仕方の無いことではあるのだが、クローン技術によって「全く同じ」個体を求めようとする心は、その個体に対する本当の愛情と言えるのだろうか、疑問に思う。

クローン技術について
クローン技術そのものについては私は消極的だが、それはクローン技術が倫理的に「悪」だからというよりもそれが人類に大きな責任を要求するからだ。原子力の利用が倫理的に見て悪だとは必ずしも言えないが、それが人類に大きな責任を背負わせたということは間違いないだろう。クローン技術も同じことだと思う。神の力を行使するものは神の責任を負わねばならない。しかし、人間には不可能な重荷だと思う。
[PR]
by tyogonou | 2004-12-26 00:19 | 科学 | Trackback | Comments(0)
ディ・ステファノ襲われる
往年の著名テノール歌手、ケニアで襲われイタリアに搬送
故マリア・カラスとの共演で有名なイタリアの元テノール歌手、ジュゼッペ・ディ・ステファノ氏(83)が23日、休暇先のケニアのモンバサからミラノ市内の病院に搬送された。
 同氏の容体は、予断を許さない状態だという。
 同氏は、11月30日にモンバサで武装した4人組の男に襲われた。
 警察関係者によると、犯行グループは夕食のため妻と外出した同氏を襲撃し、車と現金を奪って逃走した。
それほど思い入れのある歌手ではなかったが、イタリアのテノールとしては正統(オーソドックス)な存在と言っていいと思う。こういった野蛮な行為には憤りを禁じえない。ライフログに二点。ベルディのレクイエムナポリ民謡集(「フニクリ・フニクラ」など試聴あり)。
[PR]
by tyogonou | 2004-12-24 21:57 | 国際 | Trackback | Comments(0)
金を出せ!それからアレもよこせ! アレだ!アレ!
金もいいが、インポ治療薬を出せ! | Excite エキサイト
武装した強盗が薬局に押し入り、金とED治療薬(それも「2カ月間、ぶっ続けでセックスができる量」!)を奪っていったというコミカルなニュースだから、こういうタイトルにしたくなるのも無理は無いと思うが・・・
「ED(勃起機能の低下)を正しく理解するために」FAQより
Q1. EDとインポテンスの違いはなんでしょうか?
A. インポテンスは直訳すると性的不能を意味します。これは人格そのものを否定する響きがあります。この表現と違って、EDは勃起機能の低下という疾患を表す言葉です。元の意味は「Erectile Dysfunction」この頭文字をとってEDと表記されています。勃起機能の低下と言っても、まったく勃起できない状態だけを言うのではなく、軽いものから重いものまでさまざまな症状を示します。これにより現在は、EDという病名が、通常使われるようになりました。
私がEDという言葉を知ったのはペレなどが出演していたCMだった。おそらくこういった疾患のネガティブなイメージを(製薬会社には不本意だろうが)「バイアグラ」が担っていったということもあるのだろうが、押し付けがましくないキャンペーンが成功してEDという用語が自然に定着してきたのは良いことだと思う。
この記事も本文中では「ED治療薬」となっているので、そのあたりは一応分かっているのだろうと思う。タイトルもほかに書きようはいくらでもあったろうから工夫したほうが良かったと思う。

12月24日追記:元記事のタイトルが変更されていました。「金もいいが、ED治療薬を出せ!」どこからか抗議が来たかな?
[PR]
by tyogonou | 2004-12-23 00:04 | Trackback | Comments(0)
アメリカのナイーブさ
クリスマスの中傷合戦 キューバと米利益代表部
米利益代表部はなぜそんなクリスマス飾りをしたのかが良く分からないのだが、パウエル国務長官は次のように説明している。
Cuba Erects Sign Linking U.S. and Nazis
The sign was to show "solidarity with people who are being held and intimidated and whose rights are being denied by the Cuban government," Secretary of State Colin Powell (news - web sites) told The Associated Press Friday in Washington. "And the Cuban government's response is to ... show the world a swastika? I don't think that is very wise on their part."
「75」という飾りは「とらわれ、虐げられ、キューバ政府によって権利を否定された人々に対する連帯」を示すものである。(中略)「それに対するキューバ政府の反応は・・・・・・世界にかぎ十字を見せることなのでしょうか? そんなことをすることが彼らにとって大変賢明なことだとは私には思えないが」。
それに対してかつて米利益代表部の責任者だったウェイン・スミス氏は(かぎ十字はともかくとして)アブグレイブの写真を掲げたことは正しい反応だと指摘している。

More
[PR]
by tyogonou | 2004-12-19 01:41 | 国際 | Trackback | Comments(0)
非国民
特集WORLD:年の暮れに思う この国はどこへ… 社会学者・鶴見和子さん
日米開戦前、24歳の鶴見さんは米コロンビア大学にいた。若杉要特命全権公使から帰国を勧める手紙を受け取ったが、博士論文を書くため断った。すると森島守人ニューヨーク総領事は「鶴見は非国民だ」と演説したという。イラクで拘束された高遠菜穂子さんら3人が非難された時、そのことをすぐに思い出した。「まともなことが通らなくなる時、戦争が始まるのよ」。ぴしゃりと言い切った。
重い発言だ。
[PR]
by tyogonou | 2004-12-17 01:00 | 社会 | Trackback | Comments(0)
自衛隊宿舎のビラ配り無罪
自衛隊宿舎のビラ配り無罪=東京地裁八王子支部=差替
こちらの記事のほうが少し詳しい。
判決理由で長谷川憲一裁判長は、ビラについて「内容、表現とも過激ではなく、1つの政治的意見。憲法21条の保障する政治的表現活動であり、商業宣伝ビラよりも優先的地位にある」と認定。その上で「商業ビラが放置されているのに、被告らをいきなり検挙し刑事責任を問うことは、憲法の趣旨に照らし疑問」と述べた。
 宿舎への立ち入りが「侵入」に当たるのかどうかについて、長谷川裁判長は「居住者らの承諾を得ていない立ち入りは侵入に当たる」とした上で「目的は意見の表明という正当なもので、居住者の日常生活にほとんど実害をもたらさない。これまで、管理者から団体側への抗議もなかった」として刑罰に値する違法性はないと判断した。
筋の通った判決だと思う。いきなり検挙し刑事責任を問うということは、例えその結果無罪になるとしても言論弾圧になりうるからだ。
[PR]
by tyogonou | 2004-12-17 00:32 | 社会 | Trackback(1) | Comments(0)
「キリスト誕生」
ベッカムの「キリスト誕生」に教会が激怒 | Excite エキサイト

私のキャスティングでは・・・
ヨゼフ&マリア パパ・ブッシュ夫妻
東方の三博士 トニー・ブレア ホセ・アスナール ジュンイチロー・コイズミ
羊飼い リチャード・チェイニー ドナルド・ラムズフェルド コリン・パウエル
天使 オサマ・ビン・ラディン
羊 コフィ・アナン

冗談はさておき
ローマ法王庁は不快を隠さない。法王庁の関係者は「これは悪趣味では済まされません。浅薄です」とローマのロイターに語った。
「現代の人間を《キリスト生誕》の主要人物に使ってはいけません……そんなことが可能なら、人々が道徳的な基盤に疑問を感じた場合、ますますまずい」と付け加えた。この関係者は、クリスマスを近代的にするために、脇役に現代の人間を使うのが許される場合もあるが、主要人物がダメだと、語った。
例えば、ナポリではアルゼンチンの有名サッカー選手、ディエゴ・マラドーナがキリスト生誕の場面で羊飼いとして描かれたことがある。

ということなのだが、19世紀ドイツの画家フリッツ・フォン・ウーデが同時代の作曲家アントン・ブルックナーをキリストに見立てた「最後の晩餐」という作品(ページ下方、左端の人物がブルックナー)を残している。もちろんこれは作曲家の深い精神性に敬意を払った真剣な作品であるが、厳格なカトリック教徒であるブルックナー自身も感動したと伝えられているし、教会から抗議があったという話も無い。今回の展示にそんなまじめな意図は無いが、悪意があるわけでもない(と思う)。許してやれば?と俗まみれの部外者は思ってしまうが。
[PR]
by tyogonou | 2004-12-11 00:41 | Trackback | Comments(2)
お手柄
<おれおれ詐欺>「振り込め詐欺」と新名称 警察庁
警察庁は、犯人側が「おれおれ」と切り出さず、詐欺と気付かなかったとの声が出たことから、当初は「おれおれ詐欺」の名称変更を検討した。だが最終的に、おれおれ詐欺の名称は広く認知されているとして、旧来の手口については残すことにした。ただし、覚えのない料金支払いを要求する「架空請求詐欺」▽融資話を持ちかけて「保証金」をだまし取る「融資保証金詐欺」などと併せ、実態に近くて防犯対策になる総称を考案した。
「振り込め詐欺」という語感がまだ耳になじんでないのでちょっと違和感があるが、「詐欺ではないか?」と疑ってみるポイントとしてより確実だという意味で「おれおれ」から「振り込め」へのシフトというのはいい考えだと思う。

そんななかで振込みの現場となる銀行で行員が機転を利かせたという話。
<おれおれ詐欺>不審口座への入金停止 銀行員が機転 横浜
 調べや同支店によると、会社員を名乗る30歳前後の男が11月11日、運転免許証と健康保険証を提示して普通預金口座を開設した。男が「送金のため」との開設理由を言いよどみ、「今、作っている」と携帯電話でやり取りしていたことなどから、応対した窓口課の男性行員(32)が不自然に思い上司に報告。口座の動向を注視していた。
 今月1日午後1時過ぎ、主婦が他の金融機関から同口座へ250万円を振り込んだ。個人名での突然の大金振り込みに同支店は「事件性を感じた」(幹部)と、口座への入金を約2時間停止した。振り込みの約30分前、主婦方に長女(20)を装う女から「事故ってしまった」と電話があり、暴力団風の男が車の修理代として250万円の振り込みを要求していた。支店が入金を停止している間に、主婦は長女に電話をかけてだまされたことに気づき、警察と同支店に連絡し、被害が防げたという。支店には容疑者とみられる男から入金確認の電話もあったという。
お手柄を称えたい。以前にも高額を振り込もうとした年寄りを不審に思って行員が事情を聞き、きちんと確認をとらせて事件を防いだといった話もあった。冷静な第三者であり、しかも日常的に様々な振込み業務を行っている銀行員などは、そういったときに「おかしい」と気づく可能性が最も高いわけで、皆さんにはこれからも充分注意を払っていただきたい。
[PR]
by tyogonou | 2004-12-10 13:36 | 社会 | Trackback(1) | Comments(1)