<   2005年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧
BSE
[BSE]「全頭検査見直しの遅すぎた結論」
国際標準を持ち出すのは必ずしも悪いことではないが、このテの問題に関しては甘い基準を厳しくしようとする時にいうべきことであって、厳しい基準を緩和する時にはあくまでも安全度を主軸に議論を展開すべきではないかと思う。しかしこの社説に安全か否かという議論が無く「当然の結論」ということで済まされているのはどういうことか。
 BSE発症によるパニック的な牛肉離れを抑えるため、緊急避難として導入され、一定の効果はあげた。だが、全頭検査を続けても、若過ぎる牛については感染の確認が困難なことは、専門家の常識だ。騒ぎが鎮静化した後は、日本もすぐに全頭検査を解除すべきだった。
「感染の有無を確認できない」から検査せずに売れというロジックは私には理解できない。検査で安全を確認できないものは販売禁止というのが論理的には正しいと思うのだが。もっとも全頭検査とは消費者の不安から生産者を守るために行われるものであったようだから、病原体の有無などどうでもいいことなのかもしれないが。
BSEの脅威について理解する(仮訳)
「積極的監視体制をとっている国で数例のBSEが発見されたという報告のほうが、監視体制のない国で症例の報告がないという事実より安心を与える。」

これはまっとうな、そして科学的な態度だと思う。

 今回、検査対象の月齢が、20か月とされたのは、全頭検査で感染が確認された最も若い牛が21か月だったからだ。
 だが、家畜の国際的な安全基準を決める国際獣疫事務局(OIE)は、対象月齢を30か月以上としている。
 欧州では、この基準に基づいて検査を実施している国が大半だ。日本が新しく対象とする「20か月」でも、国際標準には依然、程遠いと言わざるを得ない。
21か月でBSE感染が確認された例があったという事実をわざわざ提示しておきながら、議論には全く取り込んでいないのも不思議なことだ。そういう例が確認されたということは全頭検査に意義があったということであり、30か月を対象月齢とする国際的な基準の方が安全から「遠い」というべきではないのか。
月齢確認については、肉質などで判断が可能、とする米側の提案を日本側が基本的に受け入れている。安全委で改めて議論するまでもあるまい。
これも順序が逆だ。だったら最初から安全委員会など設けなければいい。

とはいえ、こういう問題はリスクがあるからダメということでもない。リスクと利益を天秤にかけて国民が判断することである。「ふぐは食いたし命は惜しし」というのは昔からあることで、BSEも人から人への感染は輸血などを除いては無いようだし、承知の上で吉牛食べたいというなら、トレーサビリティが確保されるという条件が満足されるなら、輸入も仕方ないかとも思う。
ただし、責任の所在だけはあらかじめはっきりさせておくべきだ。反対意見を押し切ってまで決定を下した側はより大きな責任を負わなければならない。
[PR]
by tyogonou | 2005-03-31 02:26 | 社会 | Trackback | Comments(0)
大人のチエ
堀江社長は玄関から入りなおせ
堀江氏の手法については「他人の家に土足で入ったのだから、もう1度玄関から入りなおさないといけない」とばっさり。注目の会談は、北尾氏主導で進みそうだ。
「無礼な。わきまえなくちゃいかんよ」ということか。だが、このレトリックは完全に間違っている。堀江氏は他人の家になど入ってはいない。相手がわざわざ家から外に持ち出して公開の市場で売りに出したものを買っただけであり、「上場されたものを誰が買おうと自由」という堀江氏の主張の方が正しいはずだ。
孫社長 ホリエモン斬り
「私どもの会社は投資、M&Aをやってきましたが、敵対的買収の経験がない」。1996年に豪メディア王のマードック氏と組みテレビ朝日買収を仕掛けた。協調路線が進まず断念した経緯があり、同社長は「望み望まれる関係がいい」と、あくまで“白馬の騎士”の立場を強調した。
ひょっとしたらもう忘れ去られているのかもしれないが、堀江社長はかつてwhite knightだった。近鉄ファンだけでなく多くのプロ野球ファンが不安に駆られ救いの手を渇望していた時に、心底はどうあれ単身颯爽と登場し期待を集めたのはついこの間であった。だがその結果はどうなっただろうか? 堀江氏は経営者たちの目にはPrince Charmingと映らなかった為に、ファンによって開かれた玄関の扉を鼻先で閉じられるような仕打ちを受けたのではなかったか。それに対してソフトバンクがダイエーを手中にしたやり方はどうだったろうか? 裏口からこっそり入れてもらった間男に「他人の家に~」と意見されても説得力は全く無い、というのは言いすぎだろうか。それともそういうのを「大人のチエ」というのであろうか。
そういった過去がトラウマになっているとも思えないし、堀江氏の行動を支持する理由にもならないのだが、「大人」のもっともらしい言い分の背後にあるものを見極めるのには役立つかもしれない。
[PR]
by tyogonou | 2005-03-28 12:03 | 社会 | Trackback | Comments(0)
ナイナイの見識
ナイナイ俺たちは出る!
リスナーを大事にしている”のであれば、リスナーを無視して、経営が変わったらパーソナリティーを降りるということを発表するのはよくないと思う。それでなくてもリスナーは不安やろうに…。
正論だと思う。
公共性云々をもちだして堀江氏を非難しておきながら、新株予約権発行のような手を打ってみたりする。リスナーを大事にしないといって非難しておきながら、リスナーを平気で見捨てる。利益を追求する企業としては法律に触れるおそれがあってもとりあえず打てる手は全て打ってみるのがあたりまえではあるし、タレントには自分の出演する放送局を選ぶ完全な自由があるわけで、どちらも非難には当たらないと思うが、私としては彼らの言葉の背後にある内容的なものの重みを問題にせずにはいられない。
堀江氏にも問題はあるかもしれない。私個人は堀江氏の語るビジョンにはなんの感銘も受けたことはない。しかし、それでも彼がプロ野球球団や放送局の経営者としての適性を著しく欠いているとまでは言えないと思う。巨大なグループ企業を長年にわたって私有物として扱い、問題が露見しようとすると、取引先の企業への迷惑さえ顧みることのなかった経営者、被雇用者(とはちょっと異なるが)の代表が話し合いを求めると「無礼を言っちゃいかんよ。たかが選手が。」と切り捨てた経営者、そういった人々と比べて堀江氏に決定的な問題があるわけではない。あるいは現時点での彼には看過できない大きな問題があったとしても、それはライブドアが経営権を握った後で修正不可能なわけでもなく、それでもダメだというならそのときは降板ということにするのであれば、筋は通っているといえるだろう。
出演拒否を表明している人々の考えがどんなものであれ、その根拠となっているのはかなり不確かな予見に過ぎない。堀江氏のビジョンが間違っているなら、理想の番組、放送、メディアとはどういったものであるのかという方向に議論を持っていくべきであるのに、ただ「出演しない」というのであれば彼らの放送に対する情熱というものも知れたものだ。
中島みゆきNO…“堀江ニッポン放送”出演拒否の意向
ニッポン放送は書面で、「人気パーソナリティーが降板することは、聴取率の低下を意味し、広告媒体としての価値が落ちる」と主張していた。
裁判の文脈上致し方の無いロジックだ。だが、そうではあってもこの志の低さはどうだ。
[PR]
by tyogonou | 2005-03-27 02:13 | 社会 | Trackback | Comments(0)
下着(ふんどし)の下にまた下着(パンツ)?
相撲界にパンツ戦争勃発! | Excite エキサイト
元の記事はこちら
子供に「まわし」不人気、相撲パンツでプロ・アマ対立
特にエキサイトの記事にはちょっと誤解があるような感じだが、「相撲パンツ」自体はもう以前から存在するもので、ごく最近の思い付きではない。日本の子どもたち以前に、外国人にはまわしだけの姿は抵抗がある人も少なからずいるわけで、アマチュアの国際大会などではごく普通に見られる光景だ。相撲協会の注文は「国技館では」その着用を認めないということであることを一応確認しておかなければならない。
この相撲パンツ、本来下着であるふんどしの下にパンツをはくようなもので妙といえば妙な話だとは思う。もちろん、相撲の締め込みは特殊な発展を遂げた競技用具と捉えるべきなのだが、その昔、相撲が子どもたちの遊びや、若者たちの力比べの方法としてごく一般的だった時代を忘れないためにも、相撲とはふんどし一丁でやるものだということにしておきたい気持ちがある。とはいえ、現在の相撲を取り巻く状況も分かってはいるので、この件についての私の考え方は、「相撲協会が国技館での着用を認めないというのは支持するが、もし認めることになってもやむをえないことだと思うだろう」という程度のあいまいなものでしかない。
うろ覚えの記憶なのだが、昔大相撲が海外で公演した時、VIPの前で横綱土俵を披露することになって、失礼のないようにと股引の上にまわしをつけたこともあったはずだ。
巨漢の力士たちは一般に《まわし》と呼ばれる最低限の品位を保つ帯状の衣服をつける以外は、裸で格闘する。
この一節はいただけない。これだと、露出狂が警察に捕まると困るのでしかたなしに最小限隠すところだけ隠しているかのようだ。相撲において裸であることはむしろ礼儀を意味する。塵手水という、力士が取り組み前蹲踞し、手を打ってから両腕を広げて返す動作は、武器を隠し持ってないことを示し、ひいては公明正大に勝負に臨む心構えを示すものでもある。まわし以外を身に着けないのも同じことだ。だから、負傷者のサポーターやテーピングなどについても、やむをえないこととはいえ極力使用しないようにすべきだという意見さえある。ロイターの記者にそういった背景についての知識が無いのは仕方ないのだが、異文化に対する敬意は必要なはずだ。この記者は完全な全裸で行われた古代ギリシャのレスリングについてはどう認識するのだろうか。
本題に戻ると、たった1242人の小学生力士の歩留まり率を改善したところで、焼け石に水でしかないはずだと思う。問題なのはまわしもつけず土俵もなしで行われる「おすもう」が皆無になっていることではあるまいか。
[PR]
by tyogonou | 2005-03-26 02:28 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
有害図書出版・販売など表現の自由を制限
<自民憲法起草委>中間報告 「表現の自由」に一定の制限も
言いたいことは山ほどあるが、まとまっていないので一点だけ。
・有害図書出版・販売など表現の自由を制限
それは憲法で謳いあげるべきことなのか?
現行憲法はそれを愛する人たちから「平和憲法」と呼ばれることもあるが、
新憲法は「エロ本禁止憲法」となるわけか。
[PR]
by tyogonou | 2005-03-16 02:20 | 憲法 | Trackback | Comments(0)
内心の自由
国旗国歌指導の徹底求める 対話集会で中山文科相
中山成彬文部科学相は5日午後、松江市での対話集会で学校教育現場での国旗国歌の指導について「(教員に)内心の自由はあるが、どういう考えであっても国旗国歌に敬意を払うということを教えるのは、教師として当然のことだ」と述べ、指導を徹底すべきだとの考えを示した。
「内心の自由」などというものは無い。思想信条の自由はそれを外に向かって表現する自由である。内に秘めている限り、そして例えその信条に反するような行動を強制されてもおとなしく従う限りにおいて「自由」であるというのであれば、江戸時代のキリシタンたちも現代の私たちと同様な自由を謳歌していたのだということになる。
この問題、国旗国歌というものの扱いに国際社会にある程度普遍的なプロトコルがあって、それを守れなければ「恥をかく」ことがあるというのはその通りだと思うが、少なくとも日本の若者がそのことで顰蹙を買っているというわけでもない。とすれば、あえてこれ以上徹底しろという根拠もないように思うが?
それから、例え普遍的一般的な事柄であっても"opt out"が可能なのが自由な社会であると思う。(例えば「良心的兵役拒否」のようなものを思い浮かべると良い)
[PR]
by tyogonou | 2005-03-05 22:04 | 国内政治 | Trackback | Comments(0)
すごい言い草
チャールズ皇太子、トップレスダンサーに迎えられる!? | Excite エキサイト
どうでもいい記事なのだが・・・
「もし、外交儀礼上、許されないなら、車で通り過ぎるだけでもいいんです。それがどのくらい英国における皇太子のイメージに影響を与えるか考えてみてください。今、皇太子は猛スピードのジェットコースターで下り坂を走っているんですから」
すごい言い草だ。
[PR]
by tyogonou | 2005-03-04 13:23 | 国際 | Trackback | Comments(0)
「裁判で勝てる」憲法案
国防の責務明記が多数 表現の自由制限拡大も
「表現の自由」制限を検討 自民権利義務小委
「家庭を保護する責務」姦通罪でも復活させましょうかねぇ、船田先生。
「有害情報は青少年に対してだけでない」わが敬愛する首相補佐官へのあてつけですか?
委員会の正式名称は「自民党の権利と国民の義務小委員会」ですかな。

冗談はさておき。
この改憲案のコンセプトは珍しく非常にはっきりしていてわかりやすい。「裁判で勝てる憲法」これにつきる。ついでに「議員定数は一票あたりの格差に影響を受けない」というのもいれておいたらどうか。
総じて図々しいお手盛り改憲案になりそうで、こんなものを本当に通すつもりでいるなら(そして通る見通しを持っているなら)危険な状況だと思う。
[PR]
by tyogonou | 2005-03-04 13:19 | 憲法 | Trackback | Comments(0)
<絵本>「ちびくろサンボ」復刊へ
<絵本>「ちびくろサンボ」復刊へ 瑞雲舎
素直にうれしい。私が読んだのが岩波版(フランク・ドビアス画)だったかは定かではないが、木の周りをぐるぐる回ったトラが溶けてバターになって、そのバターを集めて家に帰って帰ってホットケーキをたくさん焼いて食べましたというはなし、子供心に(そして大人心にも)美味しそうで美味しそうで・・・。
主人公の名前が蔑称なら代えればいいことなわけで。
なんかおなかがすいてきた。
[PR]
by tyogonou | 2005-03-03 13:10 | Trackback(1) | Comments(2)
偽倭
くず称賛と五島市を訴える 倭寇の墓整備で中国学生
少々分かりにくいニュースだ。
まず、王直という人物は中国人であるということ。漢民族の「くず」を日本の五島市などが称賛したのは怪しからんということである。
なぜ王直という人物の墓を日本人が整備したのかというのも分かりにくい話のようだが、種子島にポルトガル人を連れてきた人物であると聞けば、なるほどと思う。
訴訟を起こした学生らに対しては私はあまり共感できない。王直をどう評価するかは議論の分かれるところであるが、肯定論をとるにしても、否定的な見解を踏まえた上でプラスアルファを評価するということであるだろう。だから王直を否定するのは根拠のあることだとは思う。だが墓を整備しただけでそこまでする必要があるのかという点に疑問を感じる。
興味のある人はWikipediaで「倭寇」や「王直」を
[PR]
by tyogonou | 2005-03-03 02:27 | 国際 | Trackback | Comments(3)