<   2005年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧
新法王
<新ローマ法王>南アのツツ元大主教、HIV問題で失望表明
南アフリカのノーベル平和賞受賞者デスモンド・ツツ元大主教(英国国教会)は20日、南アのラジオ番組で「コンドーム使用などを巡る世界の最新情勢について、もっと開明的な人物が選ばれることを望んでいた」と失望感を表明した。
新しいローマ法王が決まった。
保守的な人選に失望の声もあるようだが、現状では悪くない選択だったのではないかと思う。
私自身はカトリック教会の保守的な見解には同意できないのだが、教会内部に保守的な路線への反対派ではなく、より積極的な開明派とも呼ばれるべき勢力が育ち、それを代表しうるような人物が出てきていないのであれば、保守的だが理論派の人物が法王になるのはひとつの選択だと思う。なまじ物分りのよい人物よりもオルタナティブの試金石となるような人物のほうが、改革には貢献できるのではないかと思う。
もっとも、性に関する問題について教会がより開明的な教義を示すということは相当に難しいことではないかとも思う。宗教とはもともと理想主義的(ときには原理主義的)なものであり、現実が教義にかけ離れているから教義の方を変えろという訳にはいかないものだ。言い方をかえれば、人間の事情で神様の意志を変えてくれいう訳にもいかないものだし、神の意志を人々に伝え実現する役割をもつ教会がその役割を放棄して現実にどっぷりとつかった対応を見せたらその権威は揺らいでしまうだろうということだ。財政問題を解決するために発行された免罪符の例を思い起こしてみると良い。
お前は私が定めたことを否定し、自分を無罪とするために、私を有罪とさえするのか。
お前は神に劣らぬ腕を持ち、神のような声を持って雷鳴をとどろかせるのか。(ヨブ記第40章第8~9節)
現在のアフリカの人々の置かれている状況は「神の思し召し」であり、その状況がどれほど苦痛に満ちたものであっても神の目に正しくあるならば、いつか(遅くとも最後の審判の日には)救われるはずである。もちろん神こそがその唯一の救い主であり、人間がでしゃばっていい領分ではない。教会としては彼らの苦しみに直接責任を負うことはできず、神の言葉を伝え、信仰に導くことによって間接的にその責任を果たすしかない。そういうこともできる。
だがそういう態度をとった場合、ホロコーストへの教会の関与についての前法王の謝罪などは意味を失ってしまうのではないかと思う。ホロコーストとHIVの蔓延にはたしかに違いはあるけれども、教会の活動によって左右されうることであり、その責任についての自覚が要求されるという点に関しては同様に考えていいと思う。かつてユダヤ人たちの苦しみに対する責任を放棄したことが間違いであったと本当に考えるなら、現在の保守的な教義解釈によって苦しみから救われずにいる人々に対する責任も負うべきではないかと思う。
[PR]
by tyogonou | 2005-04-25 02:49 | 国際 | Trackback | Comments(0)
地球温暖化のメリット?
地球温暖化にもメリットはある?(上)
地球温暖化にもメリットはある?(下)
「海底大地震にもメリットはある。サーファーはかつて無いビッグウェーブを楽しむことができるかもしれない。」というようなものだ。
 しかし、数々のメリットを考慮したとしても、地球温暖化はプラス面ばかりだと考える人はいないだろう。気候が変われば、それに応じて生態系や経済分野も変化する。楽観的な見方をする人々にしても、温暖化の結果が良いものばかりでないことはわかっている。だが、温暖化の影響を全体的に見てみれば、やみくもに警鐘が鳴らされている現状を振り返り、この大騒ぎは何だったのかと問いなおす機会が得られると考えているのだ。
 一方で、温暖化はどう見ても地球にとって有害だと断固として主張する人たちもいる。
 「オタワのような場所に住んでいれば、夏が長くなってうれしいかもしれないが、この問題はもっと広い範囲で考え、総体的な結果を考慮しなければならない」とデイビス氏は語った。
やみくもに警鐘が鳴らされている現状はたんなる大騒ぎだろうか?
地球温暖化で北大西洋の海流消滅も、魚類に多大な影響か=米研究者海流の消滅とは非常に大きな問題だ。日本も黒潮などの海流の恩恵を受けて緯度の割りに暖かい気候にあるわけだし、地球規模で言えば、北大西洋から東太平洋岸へといたる深層海流の果たしている役割の大きさも知られている。海流に大きな変化がおきるということは、現在の地球の気候の恒常性を保っているメカニズムが変化するということを意味しているのだ。大げさに言えば、地球が現在とは「違う星」になるということだ。温暖化問題を温度計の数値で考えるだけならメリットもあるという議論にも意味はあるかもしれないが、地球の気候が現在の状態から全く別の安定状態へと移ってしまう可能性も射程に入っている議論でなければ考慮に値しないと思う。複雑な気候のメカニズムの遠い未来を予測するのは非常に難しいことだが、仮に温暖化の先にある安定状態が人類にとってパラダイスであることが予測できるというならたしかにメリットといえる。しかし、現在に至る人口の増加を考えれば、今の気候の状態が人類にとってはかなり「良い」状態であることは間違いなく、異なる状態への移行が望ましからざるものになる可能性はかなり大きいといえるのではないだろうか。
[PR]
by tyogonou | 2005-04-06 13:31 | 国際 | Trackback | Comments(0)
人を裁くな、あなた方も裁かれないようにするためである。
<ローマ法王>死去、84歳 激動の国際政治に深く関与
以前から持病のパーキンソン病に苦しめられ、公務に差支えがでかねないことから辞任を望む声があったにもかかわらず頑なに拒み続けてきた。法王自らがこの問題について語ることは無かったが、一説には中絶問題に対する保守的な姿勢と通ずる考え方からそういった態度をとってきたのだとも言う。すなわち、人間の生命、存在を選別することについての異議である。
法王とは世界最大規模の官僚機構のトップであり、法王が公務を果たせないということは実際大きな問題ではある。しかし、役に立たないから要らない、というのは神の愛の表現者たるべき教会としてふさわしい態度ではないというのは頷けないでもない。人間とは、両親から望まれない胎児であれ、パーキンソン病の法王であれ、(ついでに閉経後の女性であれ)、存在そのものが神の恩寵であり、人間が自らのものさしで選別してはならないということだ。中絶問題などに関して法王の考えに全面的には賛同できなかったが、この問題の枠組み自体は避けて通るべきではないと思う。その意味では、容態が悪化してから比較的短い期間で天に召されたことは不本意(という表現は適切ではないかもしれないが)であったかもしれない。直前に亡くなったこの女性の死(あるいは生)と重ね合わせて思索をめぐらせるのも法王の遺志に応えるひとつの方法かと思う。

尊厳死論議の米女性死亡 栄養装置外して14日目
[PR]
by tyogonou | 2005-04-04 02:35 | 国際 | Trackback(1) | Comments(0)