<   2005年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
歴史と伝統
歴史と伝統尊重を宣言へ 自民が立党50年大会
かつて落語中興の祖といわれた三遊亭圓朝は、維新後東京にやってきた薩長政府の役人たちから、「江戸っ子」などと偉そうに言うがいったいそれはどんなものなのか、納得いくような噺を聞かせろと注文されると、迷わず「文七元結」を選んだといわれる。
憲法で宣言すべき日本の歴史と伝統を端的に表現するようななにかを挙げろと言ったら、どんな答えが返ってくるのだろうか。ひょっとしたら、内実などないところがミソであって、現行憲法で否定されているような価値観を正当化するのに便利な抜け穴として、(取るか捨てるかという二分法に持ち込めば特に)正面きって反対はし難い歴史や伝統という言葉が便利だというだけではないかとも思う。
そもそも、自民党が持ち込みたがっている「道徳」などが人権などとうまいこと統合されうるのか疑問だ。道徳と人権(もっと言えば憲法自体)はそれが用いられるパラダイムが異なる共約不可能な(とは言わないまでも困難な)概念であるから、それをひとつの憲法にまとめることはかなりアクロバティックな理論化を必要とするはずなのだが、そういった難問に取り組んだ形跡が見当たらないのはどういうことか。

なんにせよ、歴史と伝統の尊重を憲法で謳いたいのであれば、最低限その優先順位を明確にすることが必要だ。それが例えば基本的人権のような価値観と対立した場合、どちらが優先されるのかということだ。「その是をとって非を除き」などと言う以上、歴史と伝統より上位にあってその是非を判断するよりどころとなるべき価値が既に想定されているはずであるから、これはそれほど難しい注文でもないだろう。
もっとも上位の価値が存在するなら、敢えて別のものをもちだして無用な混乱を招くようなことはしない方がいいのではないかと思う。現行憲法に、日本の歴史と伝統の是とすべき部分を守り伝える妨げになるような面があるというわけでもない。歴史と伝統を守るための取り組みは現行憲法下でも機能しているし、それでもなお足りないものは憲法に謳うことで補いうるわけでもない。


<憲法シンポ>中曽根元首相、試案を大幅改定され怒り心頭
 新憲法起草委員会で前文小委員長を務めた中曽根氏は、基調講演。自ら作成した前文の素案から「太平洋と日本海の波洗う美しい島々」「和を尊び」などの表現が削除されたことを「一番大事なところを外しちゃった」と批判。
苦心作を反故にされた中曽根氏には同情するが、憲法に無ければならない表現というわけでもないだろう。次の万博の日本館のパンフレットにでも使えばよい。
[PR]
by tyogonou | 2005-11-24 23:58 | 憲法 | Trackback | Comments(0)
一緒に飲みたい三国志の英雄
【中国】一緒に飲みたい三国志の英雄:張飛がほかを圧倒
張飛と酒を飲むなんて命がいくらあっても足りなそうで私は勘弁願いたいが、中国人というのは本当にパワフルなんだなと思う。
 「非常に豪快かつさわやかで、一緒にお酒を飲めれば必ず楽しいに決まっている」
こんなことをを女性が言うところなど、挙げる理由も日本人では考えられないものばかりだ。
 「張飛」「諸葛亮」「関羽」と「趙雲」も含めて、彼らの主君である「劉備」は若干低迷した形。物語の中では、特に劉備は人格者、人徳者などとして描かれており、そうしたイメージがあるためか、お酒を飲む相手としては、若干物足りないと感じられたのかもしれない。
これもまたいかにもという感じだ。西遊記の登場人物の中で中国人女性に人気があるのは猪八戒だという調査もあったのだが、三蔵や孫悟空が不人気な理由も、三蔵らの浮世離れした清潔感よりも、八戒の現世的な欲望にまみれたところが甲斐性に通じ楽を共にするには良いととられたのだという。こういうアクの強さは隣人として付き合うには少々厄介でもあるが、個人的には嫌いではない。

日本人としては意外に感じられるのは周瑜の名が上げられていないことだろうか。美周郎と呼ばれるほど男前で、若い頃から孫呉を支えた知性をもち、酔っていても楽師が弾きそこなうと振り返ったというほど音楽の才もあり、飲む相手としては真っ先に上げられてよい名だ。
他に、「破格の人」曹操、杜甫が現れるまで「詩聖」の名を恣にした曹植、「才略は弟に及ばずと言えども徳行はもっとも純なり」と評された孔明の兄、諸葛瑾などは日本人に親しまれる飲み友達となりえようか。
[PR]
by tyogonou | 2005-11-24 01:55 | Trackback | Comments(0)
騒ぎ立てるようなことだろうか?
鳥越氏「手術費3500円」の波紋…闘病ドラマ台無し
不快な記事だ。
そもそも鳥越氏の発言は事実誤認であって、不適切な見解や表現による失言とは異なる。
それに、鳥越氏は視聴者を楽しませるために(と言って語弊があるなら、感動させるために)命に関わるような病気になったわけではない。それをドラマが台無しだなどといって、何か視聴者の側が被害を受けたかのようなことを言うのは、たとえ鳥越氏がそういったものとして自ら視聴者に提供したものであることを考慮したとしても、私には不謹慎なことのように思える。
これが、ガンと銘打っていたが実はあまり危険ではない良性の腫瘍で、本人もそのことを知っていたとか、その治療期間中に何らかの不行跡があったとかいうなら話は別だが、その番組の主要なテーマではないことがらについての単純な勘違いはこういった言われようをしなければならないほどの失態とは思えない。
むしろ、相手のミスにつけこんで「視聴者の関心の高い医療問題だけに、ジャーナリストとして“失言”は痛かった。」などと高いところからものを言うような姿勢の方が、ジャーナリズムとしていかがなものかと思う。
[PR]
by tyogonou | 2005-11-05 01:42 | 社会 | Trackback | Comments(3)
情報機関と人道性
<CIA>対テロ戦争で秘密牢獄 東欧など8カ国で運用
 この報道にハドリー大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は同日の会見で「否定も肯定もできない」とした上で、秘密施設だからといって拷問が許容されているとは限らないと述べた。
逆に言えば、拷問が禁止されていると言うこともできないということだ。「拷問を禁じる米国内法に制約されずに尋問を行うことなどが目的。」というのはもちろん推測であるわけだが、こういった施設を極秘裏に運営する理由について他に説得力ある説明があるわけでもない。
先日には、拘束者に対する非人道的な取り扱いを禁じる法律からCIAなどの情報機関を除外しようとしているというニュースもあった。
アメリカが九フセイン政権のような他国の人権状況を非難するときと、自国の行動について説明する時とのスタンダードの使い分けは毎度のことながら怒りを禁じえない。しかし、それより問題なのは、アメリカが非人道的な行為を(国内的なものであっても)法の網から外そうとする努力自体が、いかにすれば人権を抑圧することを法的に正当化できるかという見本を示すという意味において、国際社会の正義に対する重大な挑戦であるということだ。
極端なことを言えば、アメリカのこういった振る舞いが通ってしまうなら、アウシュヴィッツなどでの「SS」による非人道的行為は許されないが、ゲシュタポが行ったことなら許されるということになる。
[PR]
by tyogonou | 2005-11-04 02:44 | 国際 | Trackback | Comments(0)
農作物の窃盗
収穫直前、リンゴが消えた 青森、頭抱える農家
農作物が大量に盗まれる事件は数年前からいくつか起きているが、解決したというニュースを聞かないのは非常に残念だ。
盗まれたリンゴの行方について青森県りんご協会は「量が量だけに、県内で売ったり加工しようとしても絶対にばれる」と県外流出を疑う。
こういった犯行には、ターゲットになる農作物に詳しい人物のほかに、盗品をさばくことのできる人物など様々な人間が多数関与しているはずで、彼らの口から外部に犯行についての話が漏れていてもおかしくはない。また、記事にもあるように、まとまった量の農作物が動かされれば(他県であっても)気づかれる可能性も少なくない。
それにもかかわらずこういった犯罪が野放しになってしまっているのは、日本の治安にとっての重大な挑戦だと思う。
できるだけ優先順位を上げて早期に解決して欲しいと思う。
[PR]
by tyogonou | 2005-11-03 00:46 | 社会 | Trackback | Comments(0)