<   2006年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
萬言不直一杯水
<加藤氏実家放火>小泉首相が初コメント「許せない」
「首相は日本社会の嫌な雰囲気を是認」 小沢民主代表
放火への沈黙 「テロとの戦い」はどうした

以前私は小沢民主党代表についてどちらかと言えば否定的なことを書いた。そのとき書いたことは今でも正しいと思っているが、最近の小沢代表の言動は好ましく思える。簡明にして率直な言葉できちんとした見識を表明しているのは近年の政治家にはなかったことと言っても過言ではない。以前なら無知な素人を拒絶するかのような硬い表現をしただろうし、逆にあるいは分かりやすくしようとすれば変にくだけすぎた珍妙なパフォーマンスになってしまっていたが、聴き手の心にも素直に届くようなものいいになってきたのは、人間的に深みを増してきたということだろうと思う。(これは、そのコメントで引き合いに出した加藤紘一氏にも言えることで、淡々として素直に哀しみを語る加藤氏の自意識のなさは理想家のよい面が出ていたように思うし、平静さを保ちつつかといって肩肘張るでもなく「今まで通り発言していく」と語る様は多単なる空想家にはない芯があることをうかがわせた。)

ただ、小沢氏の分析、批判はある意味で的外れだったと思う。小泉首相は、suicide terrorismの風潮を是認しているわけでもなく、開き直っているわけでもなく、首相としての言動がもたらす影響を無視しているわけでもない。首相にはそもそもこの事件自体への興味関心がないというだけだ。
首相の発言だけを読んでいたのでは、それがテロという大事件を受けてのものであるとは気づかないかもしれない。「許せることではない」と、よく言えば客観的だがむしろ他人事な「指摘」、自戒してみせることによって自らの立場を確保したところで他者(マスコミ)への責任転嫁。「それは全く違うと思いますよ。マスコミの皆さんが言っているだけでね。」こんなフレーズを何度聞いたことか。小泉純一郎という首相はこのフレーズで全てが言い表せるといってもいい。
この人は加藤氏が小泉首相の靖国参拝を批判していたことを知らないのではないかと疑いたくなる。あるいは加藤氏の自宅が放火されて消失してしまったということさえ聞かされてないのかもしれないのではないか、そう思わせるくらいに現実離れしている。
かつてイスラム過激派がアメリカで起こした自爆テロを自由、平和、そして民主主義に対する重大な挑戦と非難した悲しみと苦しみ、そしてテロに対する強い憤りはどこへ消えてしまったのか。首相にとってもはや自由も平和も民主主義も敢えて守らなければならないほどの価値を持たなくなってしまったに違いない。
[PR]
by tyogonou | 2006-08-30 02:56 | 国内政治 | Trackback | Comments(0)
コンディショニング
盛り上がったのは結構だが、二日連続、5時間33分、296球の投球は無邪気に喜んでいいものだろうか?
昔に比べれば高校球児(特に投手)の健康には注意が払われるようになったし、進歩した科学やテクノロジーも、前途ある若者達の体を守るのに貢献しているとはいえ、この決勝は一日あけるべきだったのではないかと思う。二日連続という厳しい状況になったことで、無責任に見ていられる外野にはより「熱い」興奮が提供され、このフィーバーとなったわけだが、メディアも視聴者もなんの疑問もなくこの熱闘を消費していることに疑問を抱いている。
論争となっているボクシングの亀田家の父親を私は無条件に称賛はできないが、あんな劇画のようなハードなトレーニングをさせていtながら、ボクシングと言う危険なスポーツをする成長期の子ども三人が大きな故障もなく良好なコンディションを保持していることは評価していいと思う。
[PR]
by tyogonou | 2006-08-24 01:55 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
鶏肋大統領
「盧大統領は役に立たない鶏のあばら骨」に報復 韓国2紙の取材拒否

うまいことを言う、と思ったが朝鮮半島では日本より知られた表現なのか。
問題になった「鶏肋」とは鶏のあばら骨のことだが、韓国では昔から「食うほどの肉はついていないが捨てるには惜しい」ということから「役には立たないが捨てるには惜しい物」という意味に使われてきた。元は中国の後漢書に出てくる故事に由来するという。
三国志演義にもでてくるエピソードだから「帯に短したすきに長し」…などと翻訳しなくともいいのではないかと思うが、仕方ないだろう。
面白いのは、大統領側のとった行動と、それに対するメディア側のあまり強くない反発自体、まさに「鶏肋」という表現がふさわしい状況であるように見えることだ。
こういった状況は日本にはチャンスであると思う。長期的で明確な北朝鮮政策があることと、靖国問題などの懸案事項に関して穏当な態度をとることが条件とはなるだろうが、拉致問題やミサイル問題に関して直接韓国国民に語りかけ、また米韓両国の間、韓国政府と同国民との間を取り持つことができれば、これらの難問の解決に大いに役立つし、また将来の三国関係、東アジア地域の安定に寄与するところも大だろうと思う。
[PR]
by tyogonou | 2006-08-01 01:55 | 国際 | Trackback | Comments(0)