<   2006年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧
教皇の講演
カトリック中央協議会のHPに問題となった教皇ベネディクト十六世のレーゲンスブルク大学での講演の全文を見つけたので読んでみた。
確かに教皇の講演の主旨は盲信の否定とロゴス(理性)を基礎とした対話の(キリスト教という枠からの)拡張であって、イスラムを否定したり攻撃したりするものではない。
「原理主義は(イスラム教預言者)ムハンマドの教えに反する」として、テロを行うイスラム原理主義者の宗教的根拠を否定した。
こういったニュース記事も確かに教皇の意図を誤解している。教皇は、そして元のビザンチン帝国皇帝も、暴力による宗教の押し付け(もっともここにもイスラムに対する基本的な誤解があるように思うが)が、キリスト教やイスラム教という枠を超えた理想的な神(神のイデア)に反することを言っているのであって、現在のイスラム原理主義のことを言っているわけではない。そして、イスラムの教えに関してはそれが矛盾を孕んでいると指摘しているのであって、その対立する命題のどちらがイスラムの教えとしては正しいのかという問題を議論しているのではない。暴力(より公正な言い方をすれば「信仰を剣によって広める」こと)よりも理性を求めるという皇帝の結論は、ギリシャ哲学に基づいてなされたものであって、「神は自分自身のことばにさえしばられることがない。」というイスラム教にとってはむしろ逆かもしれないということを教皇は示唆しているが、それはギリシャ哲学的な理性の尊重の普遍性についてのこの講義の主題への導入である。
先日、ジハードという言葉を使ったことを私は問題視したが、もとのビザンチン帝国皇帝の言葉がコンスタンティノープル包囲の最中に発せられたことを考慮すれば、ジハードを暴力と同義とするような議論も理解は出来る。しかし、教皇がここで引用した括弧つきの「ジハード」の特殊性について注釈を加えなかったのは不用意と言われても仕方がない。現在の世界の状況と自分の影響力を考えれば、このような話題を扱う時には慎重にするべきであった。もしこれがイスラム側から皇帝(および皇帝が体現するイスラム外の価値観)からの理性についての問いかけに応答する形でなされた議論であったら問題にされることもなかったのではないかと思う。
理性と信仰の問題を議論するなら他の例を挙げたほうがよりよかったともいえそうだが、ギリシア精神とキリスト教精神の統合を断ち切ろうとする試みを歴史的にたどるこの講義にとって、皇帝の言葉は単なる前振りではなくそのロジックを支える重要な柱であるから、これを外すわけにもいかないだろうと思う。逆に言えば、自分の考えを述べたものではないという釈明はこの点でも正しくないわけだが、それは同時にかつての学者皇帝の問いをもとにした、哲学的で内向きな、そして真剣な意図に基づく議論であるから、イスラム世界にもある程度理解されうるのではないかと思う。
 西洋世界は長い間、自らの理性の基礎にある問いを嫌うことによって、危険にさらされてきました。また、このことによって大きな損失をこうむるおそれがあります。理性を広げる勇気をもつこと。理性の偉大さを拒絶しないこと。これが、聖書の信仰に基づく神学が、現代の議論に加わるための計画なのです。

 マヌエル二世は、自らのキリスト教的な神像に従って、ペルシア人の対話者に対して、「理性に従わない、すなわちロゴスに従わない行動は、神の本性に反する」といいました。わたしたちも、諸文化との対話において、この偉大なロゴスへと、この理性の広がりへと、対話の相手を招きます。理性を常に新たに発見すること。それが、大学の偉大な課題なのです。
個人的な感想だが、こういった問題提起は、むしろイスラム(や他の宗教)との関係という文脈で考えるより、中絶などカトリック教会が批判を受けているいくつかの現代的な問題を考えるときに非常に興味深いものとなるように思う。こういった問題について教皇がかなり保守的な立場をとっていることは有名であって、これが実際に大きな方針転換をもたらす前触れであるとは思えないが、少なくともこの講義の論理的な結末は教会の権威主義的な態度と対立するように思う。
[PR]
by tyogonou | 2006-09-20 22:34 | 国際 | Trackback | Comments(0)
まずい言い訳
ローマ法王、イスラム教に関する発言で「深い遺憾」表明
教皇自身が謝罪したということは大きなことであるかもしれないが、これでは収まらないだろう。
法王は「私の発言に対する一部の国での反応について大変遺憾に思う。発言は引用であり、個人的な考えを反映するものではない。これで私の真意が明らかになり、率直な対話につながればよいと思う」と語った。
例えそれが自分の言葉でなくても、それを持ち出した責任が教皇にはある。教皇がどのような文脈で引用を行ったのか、詳しいことが分からないのでなんともいえない部分もあるが、少なくともこの遺憾表明においてさえ、問題となっているビザンチン帝国皇帝の言葉に対して批判を加えていない。それでは自分の意見を補強するための引用だととられてもしかたがない、というよりそのようにとるのが普通だ。
教皇の対応の問題はもうひとつある。「邪悪と残酷さ」という表現がイスラム教徒の気持ちを害したという前提で対応しているようだが、重要なのは「ジハード(聖戦)は神に反する」という発言のほうだ(そしてこれは紛れもなく教皇自身の言葉だ)。もちろん前者も重大な侮辱ではあるが、精神的に未熟で教養のない非イスラム教徒の人間がいったとしても特に驚くようなことでもなく、教皇がこのような発言をすることは、カトリック教会最高位の聖職者の知性を貶めることでしかないともいえる。
とはいえ、こういった無知からくる偏見がどれほど危険で邪悪なものを呼び覚ますかということを、元ヒトラー・ユーゲントであるヨーゼフ・ラッツィンガー氏は理解していなければならならないはずで、無邪気な引用と無邪気な言い訳は決して許されるものではないと思う。
それはともかく、ニューヨークタイムズが指摘しているように
「多くのイスラム教徒にとって聖戦とは精神的な戦いであり、暴力への呼びかけではない。法王は、深く、説得力のある謝罪をする必要がある」
ジハードは異教徒を殺すことを意味するのではない。禁忌を犯さないように自らを律するのはイスラムの教えを守るための大きなジハードである。それはイスラム教の信仰の五つの柱にプラスされることもある重要な行いであって、「ジハードは神に反する」などという発言は正統なイスラム教徒にとっては許しがたいものであろう。それはまた、アルカーイダのような組織が行うテロ攻撃に対して、民間人の命を奪うような行為はジハードとは認められない、といったかたちで非難してきた穏健なイスラム教学者達に対してあまりにも無礼な発言である。真に「率直な対話」を望むなら、まずこの点について熟考したうえで「説得力ある謝罪」をしなければならない。
法王発言に報復テロ予告、アル・カーイダ系武装勢力
こういった動きも当然予見できたはずで、ヴァチカンを巻き込もうとする武装勢力の試みが、民衆の支持を得るという意味においてどの程度成功を収めるかは疑問の余地があるが、教皇庁の対応によっては決して小さくはない影響を及ぼしかねないと不安ではある。
[PR]
by tyogonou | 2006-09-19 02:34 | 国際 | Trackback | Comments(0)
露鵬ムチで“改心撃”…育ての親・大鵬の説教効いた
露鵬ムチで“改心撃”…育ての親・大鵬の説教効いた
 「お前が(事件の)償いをするには土俵の上しかない。余計なことは考えず、1日10番の稽古でいいから、絶対に負けないつもりで取ってみろ。それ以上はやらんでいいから」
序盤のうちに判断を下すのは早計だが、相撲取りは土俵の上が全てということを実践しているのは評価したい。
[PR]
by tyogonou | 2006-09-15 00:59 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
お名前は悠仁さま 秋篠宮家の長男
お名前は悠仁さま 秋篠宮家の長男
まずはおめでたい。

全く関係ない余談だが、お名前を打とうとして「ゆうきゅう」を変換した時に、最近どこかでこの単語を聞いたような気がして思い出した。
 皇室は悠久の歴史の中で常に受動態であった。突き詰めると、存在することに意義があるということだ。政治や営利にも関与できないし、ある意味「ニッチ(すきま)産業」だ。(寛仁親王:「一度切れた歴史はつなげない」女性天皇に異議 毎日新聞のインタビューに応えて)
下賎な深読みをするのはやめておく。
[PR]
by tyogonou | 2006-09-13 01:55 | 社会 | Trackback | Comments(0)
<皇太子ご一家>大相撲秋場所の初日を観戦
<皇太子ご一家>大相撲秋場所の初日を観戦 東京・国技館
長女の敬宮愛子さまにとっては初めて。主な力士をフルネームで覚えたり、決まり手を職員らを相手に再現するなど、以前から相撲に興味を持っていた。
 国技館入口で北の湖理事長の出迎えを受けると、理事長を見上げるように笑顔を見せた。ご一家は中入りの後半から弓取り式までを見たが、愛子さまはご夫妻の間に座り、双眼鏡を手に取ったり、一番ごとにご夫妻と話し、勝敗を取り組み表につけていた。時には、身を乗り出すようにして観戦するなど、約一時間楽しんだ。
やはり相撲好きだった曾おじいちゃんだったらどんなに喜んだであろうか、見せてあげたかったなどと不遜なことを思ってしまう。
男女平等と皇位継承の問題などは別に議論しなければならない問題だが、昭和天皇と今生天皇の面影を色濃く残す愛子様が単なる内親王のうちのひとりになってしまうのは、ちょっとばかり寂しい。職員相手に決まり手を再現されるというエピソードなど昭和世代(といっても幅はあるが)のノスタルジーをかきたてて、特別な思いを抱く人々も少なくないのではないかと思う。
そういえば、東宮御所の近所に毎朝来る豆腐屋の売り声がお気に入りで、お付きの人々を集めてはまねして笑わせていたという大正天皇のエピソードも思い出される
[PR]
by tyogonou | 2006-09-11 01:11 | 社会 | Trackback | Comments(0)
中曽根氏の提言
日本の核武装化研究を提言 中曽根氏「大変動に備え」
倫理的な問題はとりあえずおいておくとしても、中曽根氏は大事なことを忘れているようだ。
中曽根氏は記者会見で「(核の傘を日本に提供する)米国の態度が必ずしも今まで通り続くか予断を許さない。核兵器問題も研究しておく必要がある」と強調した。
アメリカにしてみれば、このような理由で開発された核兵器は将来的にアメリカに対して使われる可能性があるわけで、そのような研究を黙って見過ごすはずはない。アメリカにとっては自国の利益につながるなら核拡散はむしろ望むところのようでもあるが、現在所有する必要もなく、また所有しないことを国是としてきた日本が敢えて方針転換をすれば、自国の利益拡大のための歓迎すべき流れとみなすことはまずない。
さらに、「唯一の被爆国日本」が核兵器を容認することは、イランのようにアメリカが核を持たせたくない国の自己弁護に利用される可能性もあり、それが決定的な障害になることはないとしても決して愉快ではないだろう。
「世界の国々の核保有の是非を決めるのはアメリカである」というのは悪しき現実ではあるけれども、そういった現実の中で日本が核武装化できる見込みはほとんどない。また、そんな憂慮すべき現実を改善し世界をより平和にするのにも役立たない。むしろ日米間がこの問題をめぐって不安定になれば、平和に対する脅威となりかねない。
日本としてはアメリカと友好的な関係を保ちつつ言うべきことを言うべきだと思うし、そのよりどころとなる同義的立場を堅持しなければならないと思う。中曽根氏の考え方には全く賛成できない。
[PR]
by tyogonou | 2006-09-08 13:20 | 国内政治 | Trackback | Comments(0)
安倍氏の政権構想
安倍氏の政権構想要旨
さわやかさを演出したかったのだろうが、ぎこちない笑顔が上気した顔と相俟ってかえって不気味に感じられたのは私だけだっただろうか。
意外に、この人はいざというときパニックに陥ってしまってしくじることがあるのではないか、そんなことも思ったりしたが、これは無責任な外野の印象に過ぎないし、逆に言えば人間味があるということにもなるかと思う。小泉首相がマスコミの批判に晒されることが多くなるにつれ、まるで死体のような無表情さを見せるようになっていったのを思うと、この人の顔は今後どのように変化していくのだろうか、少し興味をひかれる。
当然、表情がとかく暗くなりがちな安部氏に誰かが入知恵したのだろうがもったいないことをしたものだと思う。いつもと変わらぬ顔のまま、北朝鮮問題の解決を中核とした政権構想を訴えていた方が、真剣さと誠実さという点で大いに評価できたのに。
そもそも拉致の問題に安倍氏は以前から深く関わってきたわけだし、問題に寄せられる国民の関心の深さと先延ばしすることのできない切迫さという点で、優先度の高い問題であるはずだ。さらに、この問題へ取り組むには韓国や中国との連携が不可欠であるうえ、この問題に対する日本の主張の正しさは強固なものであるから、冷え込んでいる両国との関係を修復していくのにも有用であるという点でも、これをもっと積極的に前面に押し出した方がよかったのではないかと思われる。ちょうど小泉首相が「郵政民営化」という具体的な政策の実現によって「自民党をぶっこわす」という目標を達成するのだというビジョンの明確さによって支持を集めたように。
穿った見方をすれば、「美しい国、日本。」などというあいまいで空虚なスローガンの陰に隠してしまったのは、この問題の解決には安倍氏自身悲観的な見方をしているからではないかと思えなくもない。明確な政策は良くも悪くも結果が明白に出るから実現の可能性が低いものは安易に主張できないものだ。小泉首相ほどの我儘さも面の皮の厚さも持ち合わせていない安倍氏にはこの問題を声高に叫ぶことはできなかったのだろうが、その度胸のない安倍氏に数多くの困難を乗り越えて解決を導くこともできないのではないか、不安はぬぐえない。

憲法改正についても、これほどの重要問題を掲げながらそれを支える問題意識をほとんど明らかにしていないのはいただけない。私の見るところ改憲を求める動きは、主として司法による度重なる違憲判断に、半世紀もこの国を支配してきた党の不満が臨界点に近づきつつあることの表れでしかない。私には、安倍氏がこういった動きの中に身をおいているかというと、そうとも言い切れないように感じられるのだが、それは安倍氏により深い見識があるように見えると言うことではなく、むしろ何も考えないまま流れに乗っておこうとしているだけのように見えるということだ。
安倍氏は、なぜ今新しく憲法を制定しなければならないのか、なぜ現行憲法ではいけないのか語っていない。いまさら21世紀の日本にふさわしい、もないだろうし、「もはや戦後ではない」と宣言されて半世紀もたってから「戦後レジームからの新しい船出」もないだろう。このまま安倍氏に新憲法の前文案を書かせてみたらどれだけ威厳や迫力にみちたものができるだろうか? 
われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。
小泉首相はこれを珍妙な文脈の中で引用したが、自国の安全を守るために国連の同意は必要ないとして他国へと侵攻した某国の振る舞いを見るにつけ、この憲法の求めた理想に輝きをみる人々は現在でもなお少なくはあるまい。戦時下の重苦しい雰囲気への反動と青臭い理想主義の結果であるかもしれないが、普遍的価値を説くその力強さは美しさを謳う安倍氏のにやけ顔とはくらぶべくもない。残念ながら美しさにおいても、三原則を掲げ、それが具体的にどのようなものでどう実現されるべきかを敷衍していくロジカルな美しさをもつ現行憲法に分がある。そういった美しさは必ずしも日本古来の美感によるものではないとはいえ、最近流行の奇麗事を脈略なく並べただけの安倍氏の主張には埋めようのない差が歴然としてある。
[PR]
by tyogonou | 2006-09-04 04:31 | 国内政治 | Trackback | Comments(0)
ひとつのコインの表裏
日テレ「24時間テレビ」マラソンでネット大騒動
「お年寄り相手に公の場で怒鳴りつけることができる奴は、普通じゃない」
こんな年寄りを大切にする人々に満ちているなんて日本とはなんてすばらしい国だ・・・
そういったさわやかな気持ちにはなれないのはなぜだろう。

もし、このときこの女性のせいで走者が転倒して怪我、リタイアでもしていたら、「年寄りのしたことだから」許そう、というような論調になっただろうか。女性と、女性を阻止できなかったスタッフの両方に対して激しい攻撃の火の手が上がったに違いないと私には思われる。たとえばこの記事でも、女性の行動は好意的に表現(「しかし、声が聞こえなかったのか、女性は2人に軽くタッチし、激励の言葉をかける素振りをみせた。」)し、スタッフの行動は読者に嫌悪感を抱かせるような表現{「これに先ほど注意した伴走スタッフの男性が爆発。(中略)とどめを刺さんばかりに怒鳴り散らした」}をするなど、意図的にスタッフのひどさを際立たせようとしている。公平さの欠片もないこういった態度に、書き手は弱いものを叩けるなら、相手が見物の女性であろうが放送局のスタッフであろうが、あるいは相手の行為が批判されるべきかどうかさえどうでもいいのではないのかと疑いたくなる。

客観的に見て、見物人が走者に触ることは正当なことだろうか? 100キロという長距離を走る人を激励したいのなら、声援を送るなり目に付くところに垂れ幕でも作るなりし、無闇に触ったりして走行の邪魔になるようなことは他人に注意されるまでもなく慎むのが、判断力ある大人として当然のことではないのだろうか。まず最初に非があったのは女性の方であったように私には思われる。度を越えた怒られ方をしたのは少々気の毒だが、この女性の場合も自己責任の原則を外れるわけではない。
逆に、触ろうとするのを放送局側が放置していて同じように触ろうとする見物客が押し寄せて見物客の側にけが人でもでていたら、もっと大きな問題になっていたはずだ。100キロマラソンはタイムを競う競技ではないとは言え、アテネ五輪マラソンでの事件はまだ記憶に新しい。

問題はそれに対するスタッフの注意が「恫喝」と言われるほどに激しいものだったということだが、伴走するほど若く、24時間放送というイベントのハードなスケジュールの中で、3回も繰り返した注意を無視した相手に市民の模範ともなるべき紳士的な態度で接することのできる人材は、当節そんなにありふれているだろうか? むしろいまどきの若者としてはありがちなキレ方で、下っ端のスタッフにそれ以上のものを期待する方が難しいのではないかと思う。
もちろん、だからといってそういった態度が正しいということにはならないが、スタッフの注意の仕方に相手の年齢や悪意のなさ、実際の影響の少なさなどを考慮した「適切さ」を要求するなら、それに対する批判も同様に理性的で公平な視点に立った「適切な」ものでなければならない。「お年寄り相手に公の場で怒鳴りつけることができる奴は、普通じゃない」というようなことを言う人間は、このスタッフと同様の状況において道徳的にはるかに優れた対応をみせるだろうか。私は懐疑的だ。

個人的には、個人的な感情の問題であれ正義や倫理の問題であれ、怒りの表現が度を越えがちな風潮は大いに心配だ。(加藤紘一氏の自宅放火事件などもそのひとつの表れだ。)そしてこの恫喝事件では、当事者である放送局スタッフもその批判者もこの嫌な風潮という同じコインの表裏に過ぎないと私は思う。
[PR]
by tyogonou | 2006-09-01 02:05 | 社会 | Trackback | Comments(0)