<   2007年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧
人権メタボリック症候群
<文科相>「人権だけ食べ過ぎれば人権メタボ症候群」と発言
 伊吹文科相は、人権を「侵すべからざる大切なもの」としたうえで、バターに例えて発言。「権利と自由だけを振り回している社会はいずれだめになる。これが今回の教育基本法改正の一番のポイント」と持論を展開した。
新奇な表現をつかってうまいこと言ってみたかっただけでしかないようにも思われるが、札幌、10人に1人がいじめ被害という現状は、食べすぎと言えるほどに人権が満ち足りていることを意味しているのだろうか?

自民党が最初に出した教育基本法の改正案には、「個人の尊厳を重んじ」という文言が外されていたと記憶している(最終的には復活した)。その改正に関わる議論の真っ只中に相次ぐいじめ自殺が問題となったにも関わらず、この理念について議論されることはなかった。個人の尊厳を謳った旧基本法の下でさえいじめという問題が延々と続いてきたという事実をどう捉え、それに対する解答として新法はどのような道を指し示すのか、そういう問題意識は反対派の側にさえ希薄であったように思う。いじめを教育の構造的な問題と捉える見方はあるにしても、カリキュラムであるとかメディアの影響だとか、基本法とは関係のない形而下の問題であって、基本法が掲げる理想を実際の教育の場で規範化しようという意識は欠落しているように思われる。

いじめを「ひきょうなこと、はずかしいこと」と、なんだかカンニングやなにかと同じようなトーンで語る伊吹文科相のアピールの緊迫感のなさも、個人の尊厳は重んじられねばならぬという規範の裏づけが欠けていたからに相違あるまい。
[PR]
by tyogonou | 2007-02-28 00:26 | 国内政治 | Trackback | Comments(0)
内閣崩壊その3
<閣議>私語やめ起立 幹事長発言には反発の声
前回までのトーンを少し修正したほうがいいかもしれない。閣議前の撮影時の話であれば、多少の会話は、中身と程度にもよるが問題はないし、時にはそこでの会話が拾われてニュースに彩を添えることもある。
ただし、こういった批判が出てくる背景には閣内不一致と取られても仕方のない失言の数々があるわけで、そこに意識が向いていれば「意図がよくわかんない」などというセリフは出てくるはずがない。
[PR]
by tyogonou | 2007-02-21 00:43 | 国内政治 | Trackback | Comments(0)
内閣崩壊2
<中川幹事長苦言>首相官邸も神経とがらせ…指導力問われ
 首相は19日、官邸で中川発言の真意を記者団から聞かれ「それは中川幹事長に聞いて下さい。心配をしていただく必要はない」と機嫌を損ねた。ある政府筋も「大体、幹事長は閣議に入っていないのに、政府内の文句を言われるのはご苦労なことだ」と不快感を隠し切れないようだった。
気持ちは分からないでもないが、当事者達には全く自覚がないとしても、内閣のありようは国全体に影響を及ぼしかねないのだから、外部の人間も敢えて要らない口を挟まずにはいらないことは理解していただきたいところだ。
[PR]
by tyogonou | 2007-02-20 01:03 | 国内政治 | Trackback | Comments(0)
内閣崩壊
自民幹事長が選挙に向け団結を強調、金融政策は言及せず
 「安倍晋三首相が(閣議で)入室したときに起立できない、私語を慎めない」とは何処の崩壊学級の話か。
一連の問題発言もそうだが、これは中川幹事長が言うように総理への忠誠心の問題ではなく、単に人間としての良識、見識の問題でしかない。
いくら半世紀以上にわたって自民党が事実上の一党支配体制をしいてきたとはいえ、表向きは民主主義を標榜している国の閣僚や官僚の忠誠の対象は国民であるべきで、幹事長の言う首相への絶対的な忠誠、自己犠牲の精神というものは私は承服しかねる。
[PR]
by tyogonou | 2007-02-19 01:53 | 国内政治 | Trackback | Comments(0)
『そのまんま東現象』
<参院選>自民党、郷ひろみさんに比例代表の立候補を打診
自民党議員は何か勘違いしているようだが、無党派層=タレント候補好きということではない。
『そのまんま東現象』とはいかなるものであるのか評価は難しいところだが、東国原知事の今までなかった形の素人らしさが前知事や他候補のような「プロ」の比較もあって好ましく思われたのではないかと思う。
知事は、西川きよし氏らのように如才なく政治の世界に適応できそうでもなく、率直に言って政治家には向かないのではとさえ思えるほどだが、素人であることを言い訳にも売りにもしていない。熱意はあるが、才能はあまり期待できそうにないし、かといって人格高潔というわけでもなさそうだ。あまりいいところはなさそうなのだが、相次いだ知事の不祥事に限らず、現在の社会に蔓延する、醜悪な中身を見栄えの外見で覆う「プロの仕事」という問題へのひとつのブレイクスルーの可能性として期待がかけられたのではないだろうか。昔、古今亭志ん生の奥さんが夫としてはあまりにも問題の多い志ん生師匠となぜ別れなかったかと尋かれて、ただひとつ落語の勉強だけは一生懸命やる人だったからと答えたというエピソードを思い出す。有権者は志ん生夫人ほど辛抱強くないし、東国原知事がその期待に対する応えとなるような何事かを成し遂げる見込みはあまり高くないようにも思われるが、これまでにないひとつの道筋を指し示しているのかも知れないと思う。
タレント出身の候補者が当選したからタレントを担ぎ出すことが特効薬になるなどという短絡的な考え方をしているようでは選挙には勝てないだろうし、まぁそれはどうでもいいとしても、世の中の優れて現代的な諸問題を解決することも難しいのではないだろうか。
東国原知事が選挙期間中、タレントの応援を全て断ったということの意味ぐらい考えてみてはどうなのか。
[PR]
by tyogonou | 2007-02-14 02:00 | 国内政治 | Trackback | Comments(0)
美談
<東武東上線事故>女性救助で重体だった巡査部長、死亡
映画化された新大久保駅の事件の時も感じたが、こういう時、救助する側はまず自分の身の安全を確保することに優先して欲しいと思う。宮本巡査部長の行為には尊敬の念を禁じえないし、その死を深く悼むものである。ただ、こういった英雄的な行為が(無責任な第三者から)安易に要求されるような風潮ができてしまうのは怖いと思う。他者の命を救うために出来得る限りのことはすべきだが、まず第一に自分の安全を考えることはきわめて正当なことだということは確認しておかなければならない。

この事件で強く印象に残ったことがある。
救助活動の際、「宮本、頑張れ」と励ます同僚の声だ。冷静さを失っているわけではないがそれでいて強い願いのこもった声の調子は、巡査部長を取り巻いていた人間関係がどのようなものであったかを伺わせる。もつべきものは友、仲間だなぁと思わずにはいられなかった。
近年あまり記憶にない美しい言葉だ。
[PR]
by tyogonou | 2007-02-13 00:45 | 社会 | Trackback | Comments(0)
木を見ず森を見よ
東国原知事、黒塗り車やめる 年間60万円の経費削減
そのまんま東のファンだというわけではないが、およそ政治家に向かないおどおどした自信のなさが伺える知事が今後どう変わっていくのか、またその過程で何をなすのか興味はひかれる。
今、東国原知事に言いたいことは、あまり細かいことに神経を使いすぎないように、ということだ。公邸に住む住まないとか、どんな車を遣うとかいうことはどちらかと言えば瑣末なことだ。もちろん、相次ぐ不祥事で都道府県知事のクリーンさに人々の大きな関心が寄せられている現状で、その素人ならではのクリーンさを武器に当選した知事が神経質になるのは分からないでもないが、ほどほどにしておかないと早々につぶれてしまいかねない。どのみち慣れるまではある程度のミスなどはあって当たり前だし、とりあえずあるものは利用しつつ、折を見て不必要なものは削減していくようにするなら県民もそれほど不満に思わないのではないか。特に就任早々大問題が発生している状況では、そちらに充分なエネルギーを割いて欲しいところだ。
マスコミもその辺の優先順序を考えるべきだと思う。
[PR]
by tyogonou | 2007-02-07 23:02 | 国内政治 | Trackback | Comments(0)
柳沢発言その2
<柳沢厚労相>子ども2人以上「健全」発言、波紋に拍車
 これに対し、野党側は「女性蔑視(べっし)が頭の中に染み付いているようだ。看過できない」(民主党の鳩山由紀夫幹事長)▽「かつての『産めよ増やせよ』とお国のために子どもを産んだ考えと同じようだ」(国民新党の亀井久興幹事長)――などと反発、厚労相の辞任を求め安倍晋三首相の任命責任を追及していく考えだ。
<柳沢発言問題>「健全」発言に強く抗議 社民・福島党首ら
社民党の福島瑞穂党首は6日の党参院議員総会で、柳沢伯夫厚生労働相が同日の記者会見で「2人以上の子どもを持ちたいという健全な希望」と発言したことについて「女性不在、また頭数で(少子化対策を)言ったことに強く抗議する」と述べた。民主党の輿石東参院議員会長も党参院議員総会で「2人以上産まない女性は健全じゃないのか」と批判した。
前回のコメントでも、私はどちらかと言えば柳沢厚労相を擁護するようなことを書いたが、今回も同様の立場に立たざるを得ない。厚労相の発言は状況を考えれば不注意なものだったと思うが、批判する側は厚労相の発言内容の全体をきちんとふまえたうえで発言していないという意味でより大きな問題を抱えている。
(厚労相) 若い人たちの雇用形態が、例えば婚姻状況などに強い相関関係を持ち、雇用が安定すれば婚姻率も高まるような状況なので、まず若者に安定した雇用の場を与えていかなければいけない。また、女性あるいは一緒の所帯に住む世帯の家計が、子どもを持つことで厳しい条件になるので、それらを軽減する経済的支援も必要だろう。もう一つは、やはり家庭を営み、子どもを育てることには人生の喜びのようなものがあるという意識の面も若い人たちがとらえることが必要だろう。そういうことを政策として考えていかなければならない。他方、当人の若い人たちは結婚をしたい、それから子どもを2人以上持ちたいという極めて健全な状況にいるわけだから、本当にそういう若者の健全な、なんというか希望というものに我々がフィットした政策を出していくことが非常に大事だと思っている。
この発言内容から「女性蔑視」「(お国のために)産めよ増やせよ」「二人以上産まない女性は健全ではない」といった結論を導き出すのは無理がある。子どもを産み育てる親達をサポートする厚生労働省の役割や子どもを持つことの喜びを強調した前半部分を読むと、前回の発言に対する批判から学習したことが伺えて、むしろ評価されてもいいくらいであるように思われる。
「健全な希望」というような表現は、自己正当化の意識が強すぎたためであろうか。ここで言う「健全な」とは「正当な」とでも言い換えられるべきもので、その意味するところは「厚生労働省として正面から向かい合い応えていかなければならない」といったものと捉えるべきだろう。「子どもは一人以下でいい」と考えるのが不健全であるととってとれなくもないわけだし、健全という言葉を省いて「子どもを2人以上持ちたいという状況にいるわけだから、本当にそういう若者の希望というものに我々がフィットした政策を~」と言っても大意は損なわれないので、いくぶん不注意であったと思われる。もっとも状況がこんなに混沌としていなければそこまで細かく考える必要はなかっただろうから酷な要求ではある。

しかし野党は大丈夫なのか?
現在は柳沢氏に対して批判的な声が国民の間でも大きいようだが、追い風に甘んじて女性蔑視だの女性不在だの決まり文句を並べるだけの内容のない罵声を浴びせるだけならやがて国民からも愛想をつかされるだろう。

一番重要なのは、子どもを産み育てる環境をどう整えていくかという問題である。その害になるものを取り除くというのは道理だが、本末転倒してはならない。
[PR]
by tyogonou | 2007-02-07 01:34 | 国内政治 | Trackback | Comments(0)
かえってややこしく
<敬語>「丁重語」「美化語」加え5分類細分化 文化審答申
同庁は指針で敬語の用法や働きを的確に理解してもらい、誤用を防ぎたい考えだ。同庁によると、敬語の5分類化は国語学の分野では多数意見になっているという。
それが多数派になりつつあるというなら仕方ないことかもしれないが、敬語の誤用を防ぐと言う目的にとっては役に立つのだろうか、疑問に思う。
相手を持ち上げる尊敬語、自分を下げる謙譲語、表現自体の品位を上げる丁寧語の3っつというの方がシンプルで分かりやすいし、実際に会話している最中に参照するにもいいような気がする。敬語の難しさというのは、その類型の問題と言うより、それが使用される人間関係の把握の問題であると思う。古文の授業を真面目に聴いて、主語がなく敬語によって構築される関係性によって暗示されるような世界になじんでおけば、いくぶん楽になるような気もする。
[PR]
by tyogonou | 2007-02-02 23:33 | 社会 | Trackback | Comments(0)
介入
<米国>ブッシュ政権が気象学者に圧力 民間団体が調査公表
調査結果は下院政府改革委員会の公聴会でも報告された。それによると、約300人の政府関係機関の気象学者のうち、46%が「気候変動」「地球温暖化」という言葉を削除するよう圧力を受けたことがあると回答。43%が、研究結果の科学的意味づけが変わってしまうような内容の変更を強いられていた。25%が、介入の結果、科学者が辞任したり研究への参加を辞退した例を知ったり経験したりしていた。
自分の望むものを引き出すため、特定の言葉を要求したり排除したり、科学的な意味づけを捻じ曲げようとしたり、まるでどこかの国のTV番組製作スタッフのようだが、その影響の大きさを考えれば比較にならないほどたちが悪い。
アメリカはかつて他国に侵攻するために事実と異なる「証拠」を掲げてみせたが、あれもやはり情報の誤りと言うレベルのものではなく、明確な意図の下におこなった捏造だったのだろうと言わざるをえない(もちろん当時からそういう話はあったが)。
アメリカはそういう国なのだ。好意的に見れば、それは国というよりブッシュ政権の問題であるのだが、イラクの問題を平和的に解決しようとする、あるいは温暖化を防止しようとする努力を踏みにじられてきた多くの国々、そしてそういったアメリカの行為によって害を被る人々にとってそんな差異は意味をもたない。

ひとつ気になることがある。アメリカ政府はアメリカ産牛肉は「科学的」に安全が保障されていると主張したが、アメリカの「科学」がこういったものであるなら、他の国はそれを信用していいものだろうか?
[PR]
by tyogonou | 2007-02-01 12:52 | 国際 | Trackback | Comments(0)