<   2007年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧
久間防衛相の信念
<久間防衛相>原爆投下に関し「しょうがない」の発言 | エキサイトニュース
日本の防衛を担う大臣が、祖国、それも自分の地元に落とされた核を「しょうがない」と肯定するとは奇妙な話だが、久間防衛相の過去の発言を振り返ると不思議でもなんでもない、首尾一貫した考えを持ってこういった発言をしていることが分かる。
クラスター爆弾の必要性を防衛相は次のように主張した。(ご都合主義的な防衛構想)
「攻撃されて蹂躙(じゅうりん)されるか、守り抜いた後で不発弾処理をした方がいいか。今の技術レベルだと、私は後者だと思う」
今回の原爆肯定の論拠は次のようなものだ。
これなら必ず日本も降参し、ソ連の参戦を食い止めることができる、という考えだった。間違えば北海道まではソ連に取られてしまった
「当時の日本政府の判断が甘く、終戦が遅れるとソ連に占領されていた可能性があったことを指摘しただけだ。原爆を肯定したわけではない」(講演後終了後の説明
自衛隊の役割は他国(ただしアメリカを除く)の軍隊に占領されるのを防ぐのが第一であって、日本国民の生命を守ることではない。むしろ国民の生命は占領を防ぐという崇高な目的のために喜んで奉げられなければならないし、自衛隊も大量破壊兵器による殺戮さえ必要とあらば割り切って実行しなければならない。それぞれの発言はこういった信念の表現と理解すべきなのだろう。

追記
 だが、今後も……。人類は戦争と戦争の谷間にみじめな生を営むのであらうか。原子爆弾の殺人光線もそれが直接彼の皮膚を灼かなければ、その意味が感覚できないのであらうか。そして、人間が人間を殺戮することに対する抗議ははたして無力に終るのであらうか。(原民喜「戦争について」)

[PR]
by tyogonou | 2007-06-30 21:21 | 国内政治 | Trackback | Comments(2)
ミサイル迎撃論の現実性
<集団的自衛権>行使容認を提言へ 首相の安保法制懇 | エキサイトニュース
北朝鮮のミサイル攻撃が決して絵空事ではなくなってきた状況を受けての議論ではあるが、それでもなお、この議論は現実性を充分に吟味することなく、ただ憲法第九条の制約から政府や自衛隊の行動をより自由にすることだけを目指しているのではないかと思えてならない。

この記事を読む限り、想定されている事態は弾道ミサイルがアメリカに向けて発射される-それだけ-というもののようである。しかし、全てがそうとは限らないけれども、ある国が、弾道ミサイルによって他国を攻撃する場合、その国の戦争行動がそのミサイル発射のみで終わることは考えにくい。
戦争最初期に核ミサイルを相手国の上空で爆発させ電磁波によって通信網に損害を与えるシナリオなどが知られているが、弾道ミサイルは他の作戦の準備のための手段と捉えるべきである。湾岸戦争のときにもいわれていたことであるが、空爆だけでは戦争の決着はつけられない。ミサイルが飛んできた後には次の部隊が侵攻してくると想定しなければならない。
日本が同盟国に向けられた弾道ミサイルを迎撃するということは、日本が同盟国と敵国の間に位置する場合にのみ可能な選択肢であり、それは敵にとって日本列島がまず破壊すべき戦略的に重要な戦場となることを意味する。弾道ミサイルを無駄なく使いたいなら、迎撃システムを無力化してから使うのが当たり前だ。それに対して同盟国は、日本列島の戦略的価値ゆえに大規模な作戦行動をとるだろう。そうなってしまったら、自衛と攻撃の区別などという暢気なことを言ってられるのだろうか?
湾岸戦争の時にイラクがサウジやイスラエルに向けて発射したアル・フセインのような使用例ならそんな修羅場に陥ることなく限定的な集団的自衛権の行使としてそれを迎撃できるかもしれない。だが、それは攻め込まれて勝ち目のなくなった敵国の「悪あがき」でしかないかもしれず、そのような状況での迎撃=参加は憲法九条に抵触しないと言えるか疑問の余地がある。

北朝鮮に関する限り、北朝鮮が本気でアメリカと事を構え、その一部として弾道ミサイルを使用する可能性はほとんど無いと思われる。政情が不安定になり理性的でない決定によってミサイルが発射される可能性はそれよりは少し高いかもしれない。だが、そこで必要なのは憲法の解釈を変えて迎撃ミサイルを発射できるようにすることよりも、先の見通しの良くない金正日体制をそれがどんなものであれより理性的な次の体制へソフトランディングさせるための方策であるように思われる。
[PR]
by tyogonou | 2007-06-30 02:12 | 国内政治 | Trackback | Comments(1)
謝罪すること
Yahoo!ニュース - 日刊スポーツ - 桑田レインボール被弾を謝罪、監督感激
トレーシー監督は「ボールをもらうとき、マスミが謝ってきた。そんな必要はないのに。スペシャルなことだよ」と感激。
ホームランを打たれたということを謝るなど異例のことで監督が驚くのも無理は無い。だが、必要の無い謝罪をしたことは桑田投手の品位を貶めただろうか?
「ボールでいいと思って軽く思ってたのがダメだった。本当に初歩的なミス。何年やっても、こういうミスをするんだな」と反省した。
ベテランとなっても自分のピッチングに篤実に向き合う姿勢こそが謝罪を生んだのであり、そして監督やチームからの信頼を深めるのだ。
[PR]
by tyogonou | 2007-06-29 23:18 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
17歳力士急死の報道
親方誠意なし…17歳力士急死、耳は裂け根性焼き痕
この記事は、時津風部屋の稽古が時太山を死に至らしめた、極端に言えば殺人事件であるかのような論調であるが、現段階でこのような記事はいかがなものか。
少なくともきちんとした解剖がおこなわれた上で、「通常のけいこでできたと考えても矛盾はない」という見解がだされているわけで、それを遺体の状況の悲惨さ、遺族の悲しみを無闇に強調して扇情的な記事を書くのは、亡くなった時太山自身に対しても不誠実な態度だと思う。
 「顔面は赤く腫れ、身体中にはアザとすり傷。耳は裂けていた。さらに太腿にはたばこを押しつけたやけどの痕が3カ所あった」。斉藤さんの叔父(44)はこう語った。
根性焼きの痕は(それが本当だとして)確かに相撲の稽古とは全く関係ない不適切な行為を示唆するものであるけれど、それが死の原因になったわけではない。
顔面の腫れと全身の擦り傷はぶつかり稽古の痕と考えられるし、アザもまたそういった稽古自体によってついたとも、あるいは指導のために竹刀でたたかれて出来たとも考えられる。(以前ニュースで、高見盛が朝青龍に竹刀で思いっきり殴られている映像が流れたことがあったが、相撲の稽古の厳しさ激しさを示すものとして特に非難の対象となることはなかった。)
耳が裂けていたというのも不自然なことではない。相撲取りに限らず、アマチュアレスリングやラグビーの選手などには耳が擦られて変形する人は少なくない。
肋骨の軟骨部分の骨折も(どの部分なのかにもよるが)ぶちかましのある相撲の稽古では不思議ではない。元関脇寺尾の錣山親方も引退後に稽古で胸を出して肋骨を折っている。
解剖する医者の方もある程度そういった事情を参考にしながら調べた結果の「矛盾が無い」という結論であろう。
そして、そういった傷は生きていたときより、遺体になってからの方が目立つものだ。
 「これまで体に異常は一切なかった。新弟子検査もパスしてるんだから心臓の疾患はとても考えられない」(叔父)
これも当たり前のことで、だれも疾患の可能性を挙げてはいない。

なんにせよ、慎重に進められている捜査に大きな展開があるまでは冷静に見守るべきだ。
[PR]
by tyogonou | 2007-06-29 22:58 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
ハト派の遺言
中国新聞 ハト派の伝言
 私が、子どもから学生、社会人へと成長した昭和初期は、灰色の時代だった。軍部が台頭して政党政治が機能しなくなり、自由が徐々に奪われていった。自由の意味を分かりやすく表現すれば、言論の自由。言いたいことが言えず、逆らうと憲兵に連れて行かれる、といったようなことが起こっていた。
 思い返しても、戦争中の苦労や、食べ物のないつらさはほとんど記憶にない。覚えているのは、自由が圧迫される時の苦しさ、つらさです。例えれば、空気がなくなっていく過程に似ているのではないでしょうか。いくらでもある時はありがたいとは思わないが、なくなると苦しくなる。気付いた時はもう遅い。すべてが失われ、死滅する。
言論の自由が保障されているはずの現在に生きる私に「空気がなくなっていく過程」が身近にリアリティーをもって感じられるのは恐ろしいことだ。言論が封殺されているような状況にあるわけでもないし、国家と国民の関係も私たちを取り巻く言論環境も当時とは異なっているにも関わらず、この苦しさの質の相似が気にかかる。
 もちろん「日本が悪い」という意見もあった。しかし、こちらが反論すると「それもそうだ」という声が返ってくる。これでは議論が日米対抗にならない。初めて言論の自由を肌で感じた瞬間だった。「えらい国に来てしまった。こんな連中を相手に戦争しても勝ち目はない」と思った。民主主義を理屈では分かっていたが、日本とはあまりにも違っていた。
自分と異なる意見をなぜ認めなければならないのか、いろいろな説明があるけれども、言論の自由の無いところから見れば、異論を認めることのできる人間とは「戦争しても勝ち目はない」と思わせるほどの強いのだ。そのことを肝に銘じておきたい。
[PR]
by tyogonou | 2007-06-29 04:45 | 国内政治 | Trackback | Comments(0)
最良の応答
慰安婦決議案を大差で可決 下院議長、本会議採決に意欲 | エキサイトニュース
アメリカにはいろいろ言いたいこともあるが、見苦しい泥仕合になることなくきっぱりと片をつける最良の応答は次のようなものであると思う。
それは、日本国憲法の前文と第九条を示し、その精神を説明し、この憲法の下60年以上の間、日本の軍隊はいかなる国の国民の生命も奪わず、その尊厳も損なうことがなかったという誰にも否定しようのない事実を示すことである。
その国の中で(言論の自由が保障されている国においては特に)どんな意見があろうと、憲法はその国の思想の最高にして唯一正統な表現である。そして、本当に日本が第二次世界大戦での数々の悲劇を反省していないのなら、何度も同様の惨禍を起こしていたはずだが、それが全くないという事実は、どんな言葉よりも雄弁な反論となる。
[PR]
by tyogonou | 2007-06-27 21:59 | 国際 | Trackback | Comments(0)
人は決してモノ自体を(その使用価値において)消費することはない
人々に見せつけるためにフェラーリを購入してはいけない!? | エキサイトニュース
バチカンが道路交通上の規則を記載した書面を発表、その内容の一部には「他人よりも優れていることを見せつけるため、また、うらやましがらせるための手段として車を利用しないように警告する」と書かれている。
むしろ「フェラーリを持っているからといって他人よりも優れているということにはならない」と説くのが宗教者の役目のような気もするが。
ボードリヤールを引かずとも、(特に若い人の)車の選択基準には、どのようなメーカーのどのような車種であれそれがもつ社会的価値が大きく関わっていることは自明のことであって、個人所有の車ならほとんどがこの規制にひっかかってしまうはずだ。また、それは衣服、化粧品などによって身を飾ることと本質的に異なるわけでもなく、修道請願を立てているわけでもない一般市民に強制するべきものでもないはずだ。
[PR]
by tyogonou | 2007-06-24 23:41 | 国際 | Trackback | Comments(2)
サムライ?
Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <参院選>国民新党のフジモリ氏擁立 なぜ、いま?
平壌と独自のパイプを持つというのは確かに重要なポイントだが、人権侵害や汚職に関わった疑いをかけられている人物をラスト・サムライなどと持ち上げるとは思い切ったことをする。冤罪の可能性だってないことはないが、有罪となれば擁立した側の責任問題にもなりかねないし、現時点でも有権者にあまりいい印象をもたれているとも思えない。亀井氏が誉めるのはただ単にためらわずに武力を行使したということだけではないのか、そう思えなくもない。
[PR]
by tyogonou | 2007-06-23 23:48 | 国内政治 | Trackback | Comments(0)
弁護士は検察官でも裁判官でもない
山口の母子殺害で懲戒請求数百件 有志弁護士が中止求めアピール
母子殺害事件弁護団 ネットで懲戒請求「運動」広がる

山口県光市母子殺害事件の弁護団に「意図的に裁判を遅らせている」という理由で懲戒請求を呼びかける動きがあるという。

わたしには理解できない。
懲戒請求を乱発すれば問題の裁判が迅速に進むのだろうか?
そもそも弁護団の主張が単なる時間稼ぎ以外に意味のない不真面目な「品位を失うべき非行」なのか、あるいは正当な弁護活動であるのかは、裁判が進めば自ずから明らかになるだろうし、それから懲戒を請求しても問題はないはずだ。仮に現在おこなわなければならないのだとしても、請求数の多寡が処分の可否や軽重を決めるわけでもなく、既になされた請求の行方を見守っていけばいいだけの話ではないのか。

それに、弁護士が一見荒唐無稽に思われるような主張をすることは懲戒の理由になるような非行ではない。
五年前の強姦事件の裁判で弁護人が、被告は警察によって自白を強要された、自分の犯行の証明とされる現場の見取り図は刑事が自分の手をとって作成したものだ、そう主張したら、それはすばらしい弁護だと称賛されただろうか? もちろん、現在の私たちは5年前に実際にそういうことが起こっていたのかもしれないということを知っている。しかし、当時の私たちがそれを聞いたら、罪を逃れさせるために弁護士が作り出した途方もない作り話としてまともにとりあわなかったに違いない。「刑事が自分の手の上に手を置いて、『力を抜け』と言った」などあまりに劇画的でとても信じられるようなものではない。そのような荒唐無稽な主張は懲戒に値するのだろうか。
仮に、今回の場合は話が別だということにしても、弁護団の主張を否定し、その不誠実さを非難するのは第一に法廷で検察官が証拠を積み上げながらおこなう仕事であって、法廷外で情報も持たず責任も負わない人々がおこなうことではない。
[PR]
by tyogonou | 2007-06-21 01:02 | 社会 | Trackback | Comments(0)
ハロプロに“久々”ハッピーニュース!
Yahoo!ニュース - サンケイスポーツ - ハロプロに“久々”ハッピーニュース!元モー娘。紺野が電撃復帰
妊娠、結婚は「ハッピーニュース」ではなかったわけか。
本人が自分の責任においておこなったこととは言え、不憫な気がしてならない。
[PR]
by tyogonou | 2007-06-20 00:35 | 社会 | Trackback | Comments(0)