<   2007年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧
時太山事件
時津風親方、廃業避けられず…「かわいがり」過ぎツケ | エキサイトニュース
以前、この疑惑が始めて報じられた時、このブログで私は慎重に対応すべきだと書いたのだが、傷害致死事件ということになった。大変残念なことだ。
メディアは激しい論調で非難しているようだが、相撲というものの特異性は一応考慮に入れておくべきだと思う。

格闘技の科学的、物理的研究で有名な吉福康郎氏はかつて、最強の格闘技は何かという質問に対して「力士(相撲ではなく)」と答えていた。相撲という競技の技術体系よりも、大きく重い体でありながら極めて俊敏な動きが可能であり、また強烈な打撃にも関節技にも耐えうる力士の強靭な肉体こそが「最強」だというのが結論だった。
体重200kgを超えようという巨漢が時に真っ向から頭突きをかまし、ゴツンという音がホール全体に響き渡るような格闘技は他にないし、体重制もなく、小錦対舞の海のように200kgも体重差のある取り組みが平気で行われるのも相撲だけである。ビール瓶で殴ることなどより、前世紀の小錦の付きを喰らう方が余程危険だろう。小錦ほどではないが、やはり巨漢だった武蔵山など、現役時代垂直飛びで70cmを跳んだという足腰のバネをもっていて、それが1mにも満たない至近距離から突っ込んでくるのだ。その衝撃にびくともしない力士の体を作り上げるのは尋常なことではない。若貴兄弟が入門してから一旦軽量級のプロレスラーのように絞られた体になったのを覚えている人もいるだろうが、まさに換骨奪胎の作業を経てはじめて「力士」の体というものが完成する。
そういう厳しさを前提で考えると、今回の暴行の酷さというものを一般人の感覚で非難しているようにみえるメディアの論調は少し疑問に思う。(警察の方でも、一応多発外傷によるショック死という推定で動いているようだが、まだ死因の特定ができず組織検査の結果待ちという状況である。)ビール瓶による切り傷、タバコによる火傷、そのた擦り傷などは表面的な負傷であって、それのみで健康な人間の生命を奪うような深刻なものではないし、(ここが重要だと思うのだが)力士生命を縮めるようなものでもない。

私の意見をまとめると、「かわいがった」こと自体はやむをえないことだった、少なくとも角界の伝統的なしごきの範囲を超えていたかもしれないが決定的に逸脱したとまではいえないものだった、と思う。少なくとも、ことは程度の問題という側面が大きいのだが(ぶつかり稽古を30分やったなどという非難がまさにそうだ)、正常な指導と異常な暴力とを区別する合理的な境界線というものを提示することは相当に難しいことだと思う。いまや新弟子が股割りで腿の筋肉を切断して病院に運ばれるなんてはなしは珍しくもないが、これだって傷害罪にあたらないかといえばかなり怪しいところだ。
ただし、通常いるはずの『誉め役』がいなかったということなどは指導の意図の薄さを意味していて批判されるべきである。
また、かわいがる際の状況の判断が拙かったということも言える。これも、張り手を喰らって脳震盪のような分かりやすい状況と違って、制裁を加える時の加減も倒れた後の容態についての判断も難しいところがあるとは思うが、変事が起こらないように注意が払われていた痕跡がないのは非難に値することだと思う。

この問題でどうしても許せないのは、死亡した後の対応だ。事件を隠蔽する意図しかうかがうことの出来ない対応には非常な怒りを覚える。
もし親方が、きちんと弟子の遺体に付き添って家族の元に送り届け、警察にも家族にも起きたことをきちんと話し、その上で、傷つけることが目的ではなく、厳しい世界で勝ち残れる立派な力士に育て上げたかったのだということを伝え、それが適わないばかりか生命さえ奪ってしまったことへの悔悟の念を現し、謝罪し許しを乞うていたなら、上記に挙げたような相撲の厳しく荒々しい一面も、尊敬されずとも理解されえたかもしれない。しかし、師匠会へ向かう時の記者への対応など、人の生命が不当にも奪われたという事実の認識すら欠けているようで、指導者以前に人間として問題があると断ぜざるを得ない。

問題は、時津風親方だけでなく、北の湖理事長をはじめ相撲界全体が自分達の体面を保つことしか考えていないように見えることだ。朝青龍の問題の時にもそう感じたが、相撲協会は大掛かりな改革が必要である。部屋という制度、競技や稽古の体系、師匠と弟子の関係などひっくるめた大相撲というものの構造に、単純に近代的合理性を適用することは困難であるし、また害も多いと思われるが、一般社会との齟齬もある程度埋めなければもはやどうにもならないところにある。それは相撲の世界で生きてきた親方たちだけでは解決できる問題ではなく、外部の声も積極的に集めるべきだ。
[PR]
by tyogonou | 2007-09-28 23:52 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
くだらない痴話げんかとは
橋下VS今枝の弁護士「対決」 ブログで激烈場外戦 | エキサイトニュース
どうも橋下氏のいっていることが滅茶苦茶だ。
今枝弁護士は、「こういう社会的に重大な裁判は、東京のテレビ局に収録に行っている暇があるなら、出席すべきです」と指弾した。一方、橋下弁護士は「僕のテレビ番組への出演の仕事は、弁護士の仕事に劣らず、仕事として非常に重要です」「まだまだ弁護士様は偉いんだ症候群から脱し切れていない」と応酬した。
橋下弁護士が以前、あるタレントが過去の窃盗について話をした番組で、トイレに行きたくて弁護を早めに切り上げたことがあるとかいう話をしていたのをなんとなく思い出した。なにを重要視するかは個人の価値観だろうが、この場合橋下氏が出席すべきだったと批判されたのは、弁護士という職業が偉いからということではなく、この裁判が社会的に重要と思われるからというのが今枝氏の論拠だ。橋下氏が今枝氏ら弁護団に対して社会に対する重い責任を要求していることを思えば、とても責任ある返答とはいえない。
また、裁判が、橋下弁護士の求めから、第2回口頭弁論以降は非公開の「電話会議」という形で進められることについて、今枝弁護士は、「『裁判の公開』は憲法上の要請であり、傍聴席への公開を通じて国民に裁判が公開され、裁判の民主的監視の担保が最低限なされているのです」と指摘。一方、橋下弁護士は、「世間の皆様への報告は、ネットや報道陣への取材対応で十分。それをわざわざ公開法廷にするために、仕事をキャンセルしてまで広島まで行ってられるかっていうの」と反論した。
「仕事をキャンセルなんかしてらんない」などというのは、一般の人が証人や裁判人などとして裁判に関わるような時に正当な理由と認められるだろうか。いくら橋下弁護士の仕事が重要であるとしても、憲法に優越するほどのものではあるまい。「橋下様は偉いんだ症候群」だか、「TV出演者は偉いんだ」症候群だか知らないが、ずいぶん勝手な言い分だ。
これに対し、橋下弁護士は、「たまたまメディアが取り上げてくれているけど、本質的には、弁護士間の大人げないくだらない痴話げんかなんだよ!! 分からないのか!!」と一喝。「原告らは公開の法廷で、何か大弁論を展開したいのか知りませんが、僕は、そんな原告らの趣味に付き合うほど暇ではありません」とも述べている。
開いた口がふさがらない。もとの事件の被害者や遺族の心情というものをちょっとでも真面目に考えていたなら、ちょっと出てこない表現だ。光市母子殺害事件という面白いネタがあったからちょっとじゃれてみただけということか。遺族の苦しみをよそに、懲戒請求だなんだとお祭り騒ぎを煽ったあげく、くだらない痴話げんかだと吐いて捨てるなど、弁護士の品位を失うべき非行そのものではないか。
[PR]
by tyogonou | 2007-09-28 23:02 | 社会 | Trackback | Comments(1)
危機感のなさが問題
Yahoo!ニュース - 時事通信 - 「核実験よかった」山崎氏発言に抗議=広島、長崎両市>広島、長崎両市は21日、自民党の山崎拓前副総裁が昨年10月に北朝鮮が行った核実験について「核保有がはっきりしたという意味でやらせてよかった」と発言したことに抗議する文書を、秋葉忠利、田上富久両市長名でそれぞれ山崎氏の事務所に届けたと発表した。北朝鮮は実験をすれば核兵器を保有していることがばれてしまうことに気づかないまま、日本など他国の策略にのせられて実行してしまった、というわけではないだろう。実験を行ったことは、軍事力においても周辺の外交的な状況においても、保有をはっきりさせても大丈夫だという計算が北朝鮮にはあったということであり、それはむしろ憂うべき状況だ。それを「よかった」と無造作に言える山崎氏のオプティミズムがちょっとうらやましい。
[PR]
by tyogonou | 2007-09-21 23:49 | 国内政治 | Trackback | Comments(0)
鑑定医の証言についての疑問
<光母子殺害>法医鑑定の教授弁護側主張否定…集中審理で | エキサイトニュース
 石津教授は、弥生さんの殺害方法について「被害者は必死に抵抗するので押さえるための力が必要で、逆手では力が入らない」と指摘。夕夏ちゃんについては、弁護側が頭にあった皮下出血は打撲程度で、たたきつけるなどはしていないと主張している点について、「乳児の頭の骨は薄くかわら状になっているので弾力があり、衝撃を吸収して骨折は起こりにくい」と話した。
第一の疑問。
被害者の首に残されていた手の痕跡について触れないのはなぜか。教授は「加害者が必死に抵抗する被害者を押さえつけた」という仮説を出発点として、それを合理的に説明できるように「順手で押さえつけた」という仮説を立てているのは明らかで、証拠を無視したこの証言の価値は疑わしい。まず証拠があって、それを矛盾なく合理的に説明できる仮説を導くというのが基本であって、仮説と証拠が合致しないなら仮説に誤りがあると考えるべきだ。さらに、逆手の痕跡が残っているという証拠は、少なくともそういった跡が残るくらい強い力が働いていたということも示しているが、その点もどう説明するのか。

第二の疑問。
乳児の頭の骨は弾力があるので衝撃を吸収して骨折は起こりにくい、という。骨折以外の症状についてはどうなのか。頭蓋骨の柔らかさは骨折を起こりにくくする一方で脳にダイレクトに衝撃を伝えてしまうこともある。ただ落ちたのではなく殺すつもりで叩きつけられたという状況で脳や頭部の血管などに損傷がないということを骨の弾力性だけで説明できるのか。
[PR]
by tyogonou | 2007-09-21 00:19 | 社会 | Trackback | Comments(0)
自分以外にも・・・
Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 首相の辞意、麻生幹事長「自分以外にも知っていた人いる」次の首相に必要な資質のひとつとして「打たれ強さ」を挙げる声がある。安倍首相が苦しめられた閣僚の不祥事やら年金問題をはじめとする過去の負の遺産やら、新しい首相にも激しい攻撃が浴びせられるのは分かっていることで、やはり重要なことだとおもう。
自民党の麻生太郎幹事長は19日午前、安倍首相の辞意を事前に知りながら適切な対応を取らなかったと党内で批判されていることについて、「誤解のような話がいっぱい流れている。情報を知っていたのが私だけだったという話になっているようだが、同様に知っていた方もいた」と語り、自分以外にも首相の辞意を事前に知っていた人物がいることを明らかにした。
麻生氏はその点どうなのか。安倍首相の辞意にたいして適切な対応をとらなかったということは、他に知っている人がいたかどうかという問題とはあまり関係ない。むしろ、知っている人がいたかいなかったか定かではないということ自体が問題でもある。それは、麻生氏自身がどう対応すべきか他の人と相談しようとしなかったこと、あるいは首相に対して他の人(例えば中川秀直氏ら)の意見も訊くよう進言しなかったことを意味している。
この程度の批判に対して、こんな拙い反論しかできないというのでは「打たれ強さ」に不安を感じさせるものだ。
[PR]
by tyogonou | 2007-09-20 00:09 | 国内政治 | Trackback | Comments(0)
政治的な言動
“しょうがない”発言許せない 「久間氏面会せず」で被爆者団体 | エキサイトニュース
久間氏は13日、原爆投下発言を陳謝した際に被爆者団体のトップについて「政治的な言動をする」として、会って謝罪する考えがないことを明言。
政治家が、「政治的な言動をする」という理由で会わないというのはどういうジョークなのか。
[PR]
by tyogonou | 2007-09-19 00:59 | 国内政治 | Trackback | Comments(0)
養老孟司「禁煙運動はナチズム」
養老孟司の超刺激発言 「たばこの害根拠なし」「禁煙運動はナチズム」 | エキサイトニュース
「健康至上主義」の形成発展には確かにナチの影響もあるのだが、「フェミナチ」などと同様、単に攻撃的であること非難するための比ゆあるいは揶揄として使うなら、失礼な話だ。
「(養老さんは)これまでも、反対される方と戦うとか、反論のコメントを出すということはありませんでしたから、今回もそうなるでしょう。反対するなら、どうぞ『ご勝手に』、ということですね」

と話す。質問状が手元に届いても見ずに捨ててしまうだろう、ということだった。
科学の信頼性は反論に対してきちんと応えるところにあるのであって、反論を無視し、排斥するのはむしろナチズムの特徴であるように私には思われるのだが、その点を養老先生はどう説明するのだろうか。

愛煙家にとって現在の状況が厳しいものであることは理解できるが、「禁煙運動家はたばこを取り締まる権力欲に中毒している」というのも言いすぎだ。私自身、周りにタバコを吸う人があまりいない環境で育ってきたために、不意にタバコの煙を吹きかけられたりすれば、自動的に鼻とのどを閉め新鮮な空気を探してしまう。単純に考えれば、狐狸や蜂と同様、人間だって燻されれば苦しいのはあたりまえではないか? 慣れてしまえば止められないほどいいものなのかもしれないが、そういった苦しさを無視して「権力欲への中毒」などと攻撃するのは、傲慢な態度だ。
[PR]
by tyogonou | 2007-09-19 00:53 | 社会 | Trackback | Comments(0)
舛添氏の見識を疑う
Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <舛添厚労相>TBSに抗議 民主議員発言だけ放送は不公平
舛添厚労相は、長妻議員が年金問題をめぐり舛添厚労相を批判したことを取り上げ「(自民、民主の)両方の意見を聞くべきであり看過できない。放送法に違反し、政治的公平を欠き、著しい不利益を被った」と述べた。TBSからは舛添厚労相に番組への出演依頼があったが断ったという。
自分が出演依頼を断っておいて「完全に欠席裁判。看過できない」とは、厚労相はどうかしてしまったのか。
少なくとも、放送局の立場から言えば、公平性以前に両方の立場から喧々諤々と議論を戦わせてもらったほうが、面白くて視聴率が稼げるものになるというのが本当のところではないだろうか。
今は選挙期間でもないし、問題となった番組は一回だけの特番でもない毎日放送されている通常の番組なのだから、反論があるなら後日自分もでて反論すればいいことだ。「議論は国会でやるべきだ。掛け合いがあるような番組はすべて断っている」というなら、そのような番組がどんなものになろうととやかく言う筋合いはなさそうなものだ。
それに、厚労相の理屈が通ってしまうなら、(もちろんこの場合他の自民党議員に出演を依頼するという手はあったにしろ、)自分(自党)に都合の悪いテーマに関しては出演を拒絶し、さらに相手側の出演にも「不公平だ」と圧力をかけることで、メディアでの議論自体を封殺することも可能になりかねない。
他の人ならともかく、マスメディアの場で長く活躍してきた舛添氏がこのような発言をしたというのは正直かなり驚いた。

「著しい不利益を被った」という。誰が、と問いたい。

追記
厚労相への出演依頼はなかったということだ。
それなら舛添氏が不公平だ!とむくれたのもわからないではないが、抗議という形で圧力をかける前に、機会をもらって政府側の立場を説明するなどできることはいくらもあるだろうというのは変わらない。国民の利益を第一に考えるなら、議論の勝ち負けなどよりもっと重要なことがあるのだ。
[PR]
by tyogonou | 2007-09-18 23:06 | 国内政治 | Trackback | Comments(0)
AED
Yahoo!ニュース - 救急救命
男児が助かったのは素晴らしいことだが、参考として挙げられているページのうち、
[意識調査・結果]7割が命を救うAEDの使い方知らず
について一言。
AEDの使い方は知らなくてかまわない。とりあえず、AEDというものがあって、心臓が止まっている人の命を助けることができるのだということさえ知っておけば、それが見つかりさえすれば(駅など多くの人が集まる建物、場所にはある可能性がある)、使い方は説明書や音声で細かな手順まで教えてもらえるからだ。
私は人工呼吸と心臓マッサージの講習を受けたことがあるが、AEDについては実物を見せてもらっただけで実際に操作はしなかった(AEDは一回で使い切り)。日本赤十字の解説もいたって簡単だが、当然皆が慌てているであろう状況においてもきちんと操作されるよう、音声できちんとガイダンスが流れるし、服を切るはさみなど必要なものも全てそろっている。

「知らないから」といって、せっかくAEDがあるのに、誰も手も触れずに助かる命を救えなかったということがあっても困るので、公共広告機構あたりがその点をもっと積極的に知らしめるようにしたらいいのに、と思う。
[PR]
by tyogonou | 2007-09-18 00:25 | 社会 | Trackback | Comments(0)
麻生氏
前々から麻生太郎氏は首相の有力候補として認められてきたが、今日、幹事長として経緯を説明する麻生氏の映像を見ていたら、いつもとは微妙に異なる声の調子、うまく説明できないが本人には自分の声が自分のものでないような感じがしているのではないかと思わせるような感じで、この人も首相の座が現実味をおびてきたことで不安やプレッシャーを感じているのだろうか、と思った。(もともと作った声、というかきちんとした「発声」をしてしゃべる人ではあるが。)
なるかならないかはまだ分からないが、後になって意外に脆かった、ということにならなければいいが。
[PR]
by tyogonou | 2007-09-14 00:39 | 国内政治 | Trackback | Comments(0)