<   2008年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
平城遷都マスコット 続報
平城遷都マスコット「再考を」 寺院の親睦団体 (産経新聞) - Yahoo!ニュース
 橋本住職は「キャラクターの第一印象にぞっとした。あまり見たくない」と話しており、再考が拒否された場合は「祭には協力しても、境内にキャラクターが印刷されたポスターやステッカーを掲示することはできない」と述べた。

そんなに気持ち悪いかな?
顔が三つも十一もあったり、手が12本、あるいは千本も生えている仏様、あるいは象面人身の仏様などもいるくらいだから、鹿の角がついたくらいでそこまで驚くこともないように思うのだが。
「仏様をちゃかしたようなキャラクター」
 意見書では「キャラクターは長い耳と白毫(びゃくごう)があり、明らかに仏様を連想させる」とし、「仏様の頭にシカの角を生やすことに違和感、嫌悪感を禁じ得ない」と指摘。
長い耳と白毫は、訪れる人々を歓迎するマスコットに相応しいということで取り入れたのではないか。鹿の角も奈良という土地を代表するものだから、それをくっつけてしまうという力技の是非は別として、平城遷都マスコットに取り入れることはごく自然な発想であり、仏様を茶化す意図によるものではないのも明らかだ。
たしかに、大胆なデザインで議論が沸き起こるのも理解できないではない。それでも、仏様を茶化すのなんのと言って怒るなら、まず「大仏さまの鼻くそ」などというものを取り締まるべきだ。うるさいことを言えば、そもそも仏様をマスコット化すること自体が信仰上好ましいことではないのだから、あらかじめ仏像をモチーフにしないよう申し入れておくべきだ。イスラム教やキリスト教でそんなことをすればかなりの問題になるだろう。

このキャラクターに対する批判を見ていると、理屈の問題というより所謂「生理的に受け付けない」という感覚的な問題であるように思われる。反論はしてみても、「だから好きになれ」と命令するわけにもいかない。多くの人に好かれるのもマスコットには重要な条件であるから、再考となってもやむをえないのかもしれない。

このキャラクターが全然平気、どころか好きな自分の感性がちょっと心配でもある。
[PR]
by tyogonou | 2008-03-29 01:30 | 社会 | Trackback | Comments(0)
再発防止になるのか?
<海自>仮眠廃止、当直増員…陸上勤務で事故再発防止策(毎日新聞) - Yahoo!ニュース
「当直後の勤務は軽減し、負担がかからないように」するとはいえ、睡眠時間を無闇に減らせば間違いも起こりやすくなるのではないか。
事故は当直員の数が少なくて監視の目がいきわたらなかったから起きたわけでもない。それを増員したところで安全性が高まりはしないだろう。むしろ、人数が多いほど「自分がしなくても他の誰かがするだろう」というような心理が働いて、今回のような事故は起こりやすくなるのではないか。
それならむしろ、自動操舵システムを使わないようにするほうが効果があるように思えるのだが。
[PR]
by tyogonou | 2008-03-19 01:21 | 社会 | Trackback | Comments(0)
マスコットキャラ
<平城遷都1300年祭>マスコットキャラに市民から批判(毎日新聞) - Yahoo!ニュース
少々インド風なのが平城京遷都を記念するキャラとしてズレているような気もしないではないが、作者の「東京芸術大大学院教授の彫刻家」という肩書きは伊達ではないと唸らざるを得ない完成度の高いキャラだと思う。
奈良といえば大仏と鹿というのは誰でも思いつくイメージだが、それをこんな風に合体させる力技を思いつくこともすごいし、発想の突飛さを誇示するでもなく、変に幼い可愛らしさでごまかそうとするでもなく、大人の鑑賞にも堪えうるほど見事に調和させてしまう技量は大変なものだと思う。眉間の開いた明るい顔は、へたな仏像よりもよっぽど良く仏教の寛容性を表現しているように思う。出来の良くないものを「ゆるキャラ」ともてはやす現在の風潮とは一線を画す奈良1300年の歴史を記念するに相応しい。

しかし、なぜかこれが不評だという。
 ▽フリープロデューサーの木村政雄さんの話 キャラクターはイベントへの第一印象を決めるもの。まず人目を引き、うけるものを作ることが大切。「ひこにゃん」や「はばタン」を見ても、今はやるものはシンプルなものだが、こんな写実的なデザインがなぜ選ばれたのか理解に苦しむ。県民の力で記念祭を盛り上げていくなら、県民の意見を広く聞くべきだった。
少なくとも人目を引くという点ではこのキャラは非の打ち所がない。「写実的」ということは、奈良に行けば頭から角を生やした二頭身半のお坊さんが本当にいるということなのだろうか。
この手のもので最も重要なことは、それが奈良という町のイメージを体現しているかどうかということだ。関係の第三者がとやかく言うことではないが、「ひこにゃんのようではない」などというのは、批判としてはちょっとお粗末ではないだろうか。
[PR]
by tyogonou | 2008-03-02 23:46 | 社会 | Trackback | Comments(0)