<   2008年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧
【麻生首相所信表明】“逆質問”連発に民主反発「パフォーマンスだ」
【麻生首相所信表明】“逆質問”連発に民主反発「パフォーマンスだ」(産経新聞) - Yahoo!ニュース
一言で言えば、政局を第一義とする所信表明演説で、「麻生流」を期待されるなかでちょっと変わったことをしてみたということなのかもしれないが、行政の長としての所信表明演説としては根本的に間違っている。野党各党からの批判も当然だと思う。
 首相は演説で(1)国会での合意形成のルールづくりに応じる用意はあるのか(2)日米同盟と国連のどちらを優先させるのか-などと民主党の姿勢をただしている。
自民党支配体制にしても、国連とアメリカ、そして日本の関係にしても、これからどう動くか分からない状況でどちらの質問もあまり意味がない。またどちらも一般的な原則について問うものだが、現状はそんなことを議論してるほど悠長なものだろうか。やはり首相の現状認識は甘いのではないか。
肝心の選挙対策のパフォーマンスという意味でも失敗だったのではないかと思う。
「強く」「明るい」というのは麻生氏の売りでもあるが、今回の演説は姑息で陰険な印象を与え、麻生氏のそういったイメージを損なったのではないか。相撲で言えば昇進したての横綱が本場所初日にけたぐりにいったようなもので、みっともないものだ。。今の状況で意気軒昂というわけにも行かないだろうが、たとえ空元気であっても現状認識の甘い大言壮語であっても、民主党など我関せずとばかりに大きな花火をぶち上げたならそれなりに魅力をはなったかもしれないが、ろくに攻撃も受けてないうちに逆ギレモードで守りに入るようでは器の小ささがしれてしまった。
[PR]
by tyogonou | 2008-09-29 23:46 | 国内政治 | Trackback(2) | Comments(0)
日教組批判は「確信犯」=辞任会見で自画自賛
日教組批判は「確信犯」=辞任会見で自画自賛-中山氏(時事通信) - Yahoo!ニュース
<中山国交相辞任>衆院選へ自民議員に追い打ち(毎日新聞) - Yahoo!ニュース
最初に日教組云々の件を読んだときには、なぜ「今」「国交相が」日教組を攻撃するのか、苦笑せざるを得なかったが、辞任会見でもまだ言っているのを見ると、この人は本当に国土交通大臣をする気があったのか、あるいは国土交通省の管轄自体を知らなかっのではないかと、唖然としてしまう。中山氏は余程日教組の強い地域で育ったに違いない。
そもそも「今」日教組とは良し悪しに関わらず取り上げられなければならないほど大きな問題なのだろうか。教育自体は様々な問題が起こっていて国民的にも大きなイシューであることは間違いない。その中にはモンスターペアレントのような、日教組が扱うのに適した問題もあるにも関わらず、かつてのような存在感がそういえばなくなってきてしまっているのではないか、そう感じる。現在の学力低下が日教組の隆盛を示しているわけでもあるまい。
中山氏は「確信」を示すことで自分の威厳が保たれるとでも考えたのかもしれないが、単に自分の不始末をごまかすために、日教組という嫌われ者をいじめる「祭」をぶちあげようとしただけのことで、中山氏の卑劣さを改めて明らかにしたに過ぎない。
[PR]
by tyogonou | 2008-09-29 00:27 | 国内政治 | Trackback | Comments(0)
<中山国交相>突出発言に批判広がる 野党は一斉に罷免要求
<中山国交相>突出発言に批判広がる 野党は一斉に罷免要求(毎日新聞) - Yahoo!ニュース
再入閣で口も滑らかな鳩山総務相が先陣を切るのかと思っていたら、とんだ佐々木高綱が現れたものだ。
一粒で三度美味しいというのだろうか。どれも程度が低くて、首相の任命責任以前にこんな人を何度も当選させてきた有権者の責任を考えてしまう。だからといって首相の責任が問われなくていいわけはないが。
国民新党の亀井久興幹事長は「これからも、いろいろな方がいろいろな発言を繰り返されるのでは」と語った。
こういった人を入閣させているようでは、不規則発言に限らず「いろいろ」出てくるであろう。話し合わなければならなければならないことは山ほどあるのに、こういったくだらないことに時間とエネルギーが割かれていくであろうことに怒りを禁じえない。
[PR]
by tyogonou | 2008-09-27 00:35 | 国内政治 | Trackback | Comments(0)
テレビの影響で品切れ大騒動 バナナダイエット健康にいいのか
テレビの影響で品切れ大騒動 バナナダイエット健康にいいのか(J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース
マスメディアとしてもこういったものを叩けば自分の格が上がる(ように思われる)し、専門家としてもこういうものにはケチをつけたくなるものだろうが、少なくともこの記事で言っていることはちょっと的外れのように思う。
  「栄養には、炭水化物、たんぱく質、脂肪という3大要素があります。果物ばかり摂取すると、たんぱく質や脂肪が欠乏して、様々な病気にかかりやすくなります。体内細胞が弱って感染症になったり、がんにさえなったりすることがあります。たんぱく質でできている抗体が減って、がんを防ぐ免疫機能が弱るからです。リンゴ、コンニャクなど特定の食品を食べてやせる方法は、やらない方がいいでしょう」
バナナは朝だけ食べ、昼と夜は普通の食事をとるということなので、たんぱく質や脂肪が欠乏して病気にかかりやすくなるというのは大げさではないか。もちろん、朝バランスのとれた食事をしっかりとって、昼と夜は軽くというような食生活をしていれば話は別だが、もともと朝食は軽く済ませる人がおおいだろうから、それがバナナと水になったところで深刻な問題にはならないのではないか。
もっとも、このコメントはりんごやこんにゃくによるダイエットについて語ったもので、この教授が今回のバナナダイエットにそのままあてはめて考えているのかは不明だ。単品ダイエットはしない方がいいという一般論として語ったことを、このバナナダイエットそのものを否定しているかのように書いているなら、それはある種の捏造だ。そういう意味ではこの記事も「いいのか」疑問だ。

個人的には毎朝バナナだけというのも非文化的だし、バナナが品薄になるのも困るけれども・・・。
[PR]
by tyogonou | 2008-09-26 23:39 | 社会 | Trackback | Comments(0)
所属事務所がグラドル・小向美奈子の契約を解除
所属事務所がグラドル・小向美奈子の契約を解除(オリコン) - Yahoo!ニュース
 体調不良により芸能活動に支障をきたしていたという小向に対し、所属事務所は「当社としましても心身の休養、再起に向けて最善の努力をはらい、仕事の面でも精神的な面でも今日まで本人を支えて参りました。本人の意思・立ち直る兆し・仕事への意欲なども考慮に入れ、復帰に向けて動き出してきましたが、我々の予想以上に困難な状態となり、これ以上本人の芸能活動を支えることが不可能と判断し、専属契約を解除する運びとなりました」と明かしている。
私はこの人のことをほとんど知らないのだが、ここで取り上げるのは、以前、想像力の欠如というエントリで触れた若い女性タレントとはたしかこの人だったからだ。具体的な情報がまったく明らかになってないので、その件とここで言われているような体調不良・精神的不安定とに関係があるのかどうか分からないけれど、気になるニュースだ。
あのときの映像を思い出すと、元気になってほしいと心から願わずにいられない。
[PR]
by tyogonou | 2008-09-26 22:38 | 社会 | Trackback | Comments(0)
麻生氏がおわび文=岡崎、安城両市に-
麻生氏がおわび文=岡崎、安城両市に-自民総裁選(時事通信) - Yahoo!ニュース
麻生氏らしからぬ素直な対応で、本当に総理大臣になりたいのだなと苦笑させられてしまう。
ただ、問題は岡崎、安城両市を軽視したということよりも、このごろの豪雨に対する人々の不安を理解していないところにあるのではないかと思う。天気については麻生氏がどうこうできるものではないが、日本の現在の状況やそれに対する国民の不安を麻生氏にしろ他の候補者にしろ、どれだけ理解しているだろうか、疑問に思う。道州制の導入など「今」の状況では優先順位の高い問題ではないと思うが。
[PR]
by tyogonou | 2008-09-17 23:58 | 国内政治 | Trackback | Comments(0)
「ロス巡業で大麻入手」露鵬告白
大相撲大麻疑惑 「ロス巡業で大麻入手」露鵬告白(毎日新聞) - Yahoo!ニュース
今になってからこんな話がでてきたこと、信頼する、あるいは信頼できないとしても利害が一致する師匠には言わないで、自分達の処遇に大きな力を持つ検討委員に告白したということにちょっとひっかかる気持ちもあるが、私にはこの話は信憑性があるように思われる。
全て伝聞の形でしか情報が入っきていないので、日本語は80%云々という話も「それが本当なら」という留保をつけなければならないが、まさに「言っていない」と強硬に言い張れば水掛け論になって決着のつきようがない場面でそれをせずはぐらかそうとしたわけで、それは彼らの動揺を示しているのではないかと思う。
逆に言えば、苦しくなったらやはりそれが表に出てしまうこの二人が、あのように検査結果を否定したのは、「検査で調べうる期間には」吸っていないからではないかと思える。
過去、彼らが吸ったことがあるというのは事実かもしれない。二人が副流煙の可能性も断固否定した時そう思った。若の鵬の事件の時、周囲は気づかなかったのかという話が出ていたが、大麻の匂いをそれと認識してかいだ経験がなければ、残り香をかいだ程度でロシアの変わった香りの煙草なのか大麻なのか、容易に区別できるものだろうか。二人が間接的にも吸っていないと断言したのは、大麻の匂いがどんなものか知っていたからではないか、そう思われる。(もっとも二人があまり自由に話せない外国語で話していることも考慮しなければならないが。)

ロス巡業の話で決定的という雰囲気なのかもしれないが、私はその話は関係ないだろうと思う。記事によって微妙なニュアンスの違いはあるが、ロスでミュージシャンにもらって(ロスで)
吸ったということなら、それが今頃、二三日前の吸引を示す簡易検査にひっかかるのもおかしいし精密検査でそれほど大量の使用の痕跡が残っているのも不自然だ。かといって、そこでもらったものを簡易検査の二三日前に吸ったというのもありえない話だ。二ヶ月もたってそれほどの量が残っているなら、ロスで入手したのもまとまった量であろう。日本国内でも、その気になれば簡単に手に入るだろうに、麻薬探知犬の危険を犯してわざわざ自分でそんなまとまった量を持ち込むだろうか。
それにしても基準値の5倍10倍とは多すぎる。若の鵬は自分で煙草に混ぜて巻きなおして吸っていたようだが、そういった煙草の5本10本を吸っていたというようなことか。大麻の楽しみ方というのを私は全く知らないけれど、それはちょっと一服というのではなく小パーティーというような感じではないのか。
若の鵬の事件があって、若の鵬の周辺は徹底的に調べられ、相撲関係者からいろいろな情報が警察に流れ、二人にその時点で後ろ暗いところがあれば危険を感じるに充分な状況であっただろう。それにも関わらず大麻を処分せず、さらに抜き打ちで検査をすることが公言された後でそんな量を吸引するだろうか。
やっぱり釈然としない
[PR]
by tyogonou | 2008-09-10 00:35 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
<橋下知事>ラジオで「くそ教育委員会」学力テスト公表巡り
<橋下知事>ラジオで「くそ教育委員会」学力テスト公表巡り(毎日新聞) - Yahoo!ニュース
自分と意見を異にする者、特に部下や目下の人々を「クソ」などと罵倒し、補助金などで報復をちらつかせる。一方では職員を隠し撮り。こういう知事の声はやがて誰も逆らえない天の声となり、行政が私物化されていく・・・などということにならなければいいが。橋下知事に自分を畏れる心が全くないのが気がかりである。
そもそも補助金は子ども達のためにあるのであって教育委員会のためにあるのではない。知事が子ども達のことを本当に考えているのなら、そんな発想をするだろうか。
[PR]
by tyogonou | 2008-09-08 23:35 | 社会 | Trackback | Comments(0)
盗撮
<橋下大阪知事>廃止方針の児童文学館の仕事ぶりを隠し撮り | エキサイトニュース
児童文学館の状況を知りたいのなら抜き打ち視察でも利用者のアンケートでも告知した上での撮影でもいろいろやりようはあるはずだが、いきなり隠し撮りというのは発想が安直に過ぎるし、知事がそういう手段をとることに抵抗を持たないことをうかがわせる。
批判も同様に安易で、漫画ばかり読む子ども達に司書らがあれを読めこれを読めなどと本を押し付けるような真似をすれば子ども達は来なくなるだけの話だ。そもそも図書館にとって重要なのはそこが静かで落ち着ける場所であることではないのか。入ったとたん、風俗店の客引きみたいなのが揉み手をしながらよってくるようなところでは落ち着いて本なんか読んでいられやしない。
第一漫画が気に入らないなら撤去させればすむことだ。

もっとも気に入らないのは、盗撮という行為を児童の集まる場所で行ったことだ。もし隠し撮りのカメラが子ども達に発見されていたとしたら、知事は子ども達に対してそれを説明できるのか。子ども達のいる場所でそういった行為をさせることに躊躇がないというのは、私には考えられないことだ。
[PR]
by tyogonou | 2008-09-08 01:41 | 国内政治 | Trackback | Comments(0)
2力士、精密分析でも陽性
2力士、精密分析でも陽性=、改めて否定-大相撲大麻問題(時事通信) - Yahoo!ニュース
精密分析でも陽性と出た以上、アルコール検出機にイチャモンをつける酔っ払いドライバーのような見苦しい真似は止めるべきだ。すくなくとも、簡易検査の2、3日前からのどこかの時点で二力士の体内に大麻が吸引されたことは事実として受け止めなければならない。
もっとも、私個人としては、今でも釈然としない気持ちを拭えないところもある。

1 実際に吸引していてもそれを否定することは珍しくもないだろうが、二人とも検査を強く要求し、またその態度に差がないということ、吸引だけでは少なくとも犯罪にはならないことや副流媛の可能性を記者に示唆されても完全否定のままということなどはあまりないのではないか。
2 簡易検査は抜き打ちで行われ、その後警察の捜査が入るまで両力士には証拠を隠滅することが難しかったにもかかわらず、所持の証拠が発見されなかったこと。
3 若ノ鵬の逮捕から間もない時期、幼馴染である両力士に疑惑の目が向けられている状況で、二人で大麻を吸引するだろうか(たまたま同じ時期に別々に吸ったがというのでなければ)ということ
4 ウソをついているようにも見えないという印象は私も持った。インタビューに怒りの感情はあっても、動揺は感じられず、特に露鵬は自分の感情をコントロールするのが苦手であることを考えると、あれほど自然にごまかせるだろうかと思う。

どれも二力士の潔白を積極的に示すにはあまりにも些細なことだが、私は最初から一貫して明確に「クロ」だという検査結果との間に齟齬を感じる。
若ノ鵬に続いて露鵬、白露山兄弟も大麻というあまりに出来すぎな話に、あるいは二人は嵌められたのかも・・・という可能性も頭に浮かんだが、二人に大麻を吸引させるにしろ二人の尿に細工するにせよ難しいだろうし、秋場所の中止さえ言われるほど相撲界全体を揺るがすような大事件を敢えて仕掛ける人間が相撲界内部にいるとも思えない。

とにかく大麻が検出されたのだからその事実ひとつに絞って話を進めればいいのではないかという考え方もあるかもしれないが、ことはそんな簡単に運ばないだろう。すでに弁護士が法的処分の可能性も指摘しているようだ。若の鵬同様大麻所持で法的責任を問われているなら処分の理由としては充分だが、吸引だけではそういうわけには行かない。WADAのルールを適用しようとしても、Jリーグの我那覇選手のニンニク注射の問題を思い出せば分かるように、相撲協会はWADAのルールを採用していないのだから、それによって二力士に処分を下すことはできないだろう。

当然警察関係も動いているのだろうが、相撲協会は事実を突き止めるために周辺の状況証拠を集めるべきだ。二力士の体内に大麻が入ったのは短い期間のいつかであるのだから、簡易検査の前二三日の行動について両力士から話を聞き、その期間に二人と関わった関係者からも裏をとり、大麻が吸引された可能性のある時間と場所を特定するのだ。おそらくそれは二人が行動をともにしていた時の出来事だろう。大麻はまさかサイババのように空中から取り出されたわけではないだろう。それはどこからか二人のもとにきたのだし、二人がその後所持していなかったことを考えれば、その時吸う一回分だけ(タバコで言えば一本だけ)を渡された可能性が高いのではないか。そういったことをつめていけば、二力士の身に何が起きたかはっきりさせるのに大いに役立つはずだ。
[PR]
by tyogonou | 2008-09-07 23:04 | スポーツ | Trackback | Comments(0)