<   2009年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧
100の敵より10の味方…酒井被告は長男“転校させない
100の敵より10の味方…酒井被告は長男“転校させない”(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース酒井法子被告解雇に事務所社長「断腸の思い」 所属事務所会見詳報(オリコン) - Yahoo!ニュース
ここ数週間の報道での酒井と、我々が知っている酒井とは非常に距離感がある。本来は温かく気遣いの出来る子だった。
この事件が起こってから、酒井法子という人物に興味を惹かれている。
誤解を招かないうちに断っておくが、もちろんクスリをやるのは悪いことで、そこを擁護するつもりはない。
だが、近頃まれに見る深みのある人物(他に適切な表現が思い浮かばないのだが)だと思う。表の顔と裏の顔だとか、清純派らしからぬとか、クスリに溺れた弱さだとか闇だとか、ありがちな陳腐な表現では言い表せない、広大な未知の領域を予感させる人物は他に記憶がない。複雑な生い立ち、清純派アイドルの手本のような歌手時代、仕事に対するプロフェッショナルな態度、破滅的な男性との結婚、複雑な結婚生活、クラブでの生き生きとしたDJ姿、クスリに溺れた退廃的な姿、その筋のプロかと思わせるような逃亡、様々な情報は一つの人格の元に統合しきれず、いったい酒井法子とはどういう人間なのか興味を書き立てられずにはいられない。(サンミュージック社長のナイーブで素朴な人柄はまさに好対照だ。)
特に彼女の感情面、複雑な生育環境、清純派アイドルとしての生活、あまり評判の良くない夫との結婚や親友との複雑な関係、そういったものは人間の感情にいろいろな影を落とすものだが、いろいろな情報が出てくる中でそういったものがほとんど伝わってこないというのは不思議なことだ。
クスリの影響が指摘されているインタビューでは、最後に酒井法子の息子であることは「大変だよー」と自らにつぶやくように答えているが、自分の子ども時代と重ね合わせて重たい気持ちになっているというようでもなく、そこでちょっとしんみりとした以外は、本当に無邪気に可愛い子どもを語る今時の母親という感じである(クスリをやっていなくても、仲のいい友人との気の置けない会話でならあのくらいのテンションと舌足らずな話し方をする人はいそうだ)。
接見でも子どものことを思って泣いていただとか、弱く愚かな女性の一類型に過ぎないような人物像も浮かび上がったりするが、そうかと思うとまた「100の敵より10の味方」などという話が出てきて唸ってしまう。以前のちゃんと素面で答えていたインタビューでは、たしか子育てに関してだったと記憶しているが、「この感動を『伝えて』いければなと思います」という言い方をしていて、彼女の「真面目さ」の一端を垣間見たように思った。
この状況でそういうことを言える人間はどれほど濃密な人生を経験してきたのだろうか。そしてそれを子どもの頃から公私共に近しく過ごしてきた事務所関係者にさえ全く見せずにいるめには、どれほど徹底した感情のコントロールが必要だったのだろうか。そして、それほどの人がなぜ、クスリなどというありきたりな悪徳にはまってしまったのだろうか。
世間一般にはステレオタイプなイメージで片付いてしまっているようでもあるが、私にはそんなものでは到底とらえきれない人に見える。芸能界引退を覚悟しているとも伝えられているが、あるいは二十年後三十年後、人びとの記憶から消えた頃、善悪は分からないがなにか大きなことをやってのけたりするのだろうか。
[PR]
by tyogonou | 2009-08-31 23:23 | 社会 | Trackback | Comments(0)
総裁選巡り自民混乱、特別国会「麻生首相」に異論も
総裁選巡り自民混乱、特別国会「麻生首相」に異論も(読売新聞) - Yahoo!ニュース
細田幹事長は31日未明の記者会見で、「(麻生首相が首相指名選挙で勝って)首相になるわけではない」としたうえで、「拙速に終えようとすると、党としての結束、意見集約に無理が起きる」と述べた。
これからかつて経験したことのない状況を乗り切るためのリーダーを時間をかけて選びたいというのは至極もっともだが、今まで党内の事情を優先して筋の通らない政権運営をしてきたのが今回の敗因のひとつであるのは間違いないのだから、辞任を宣言している人を候補としてだすような真似は止めた方がいい。ちゃんと新しい党総裁を選んでその人に投票するか、どうしてもちゃんと時間を懸けて選びたいなら、いっそのこと鳩山民主党代表に投票すれば、せめてもの負けっぷりのよさということになるかとも思うが。
しかしそれどころではないかな?
[PR]
by tyogonou | 2009-08-31 23:16 | 国内政治 | Trackback | Comments(0)
<衆院選>自民、ネットCMで巻き返し…再生回数22万回
<衆院選>自民、ネットCMで巻き返し…再生回数22万回
ネットCMの再生回数=CMの好感度ではないし、CMの好感度=自民党候補への投票ですらない。そこを分かっているのだろうか。
男:「ボクの方がキミを幸せにできる。
  ボクに交代してみないか?
  バラ色の人生が待っているよ。
  出産や子育ての費用も教育費も、
  老後の生活費も介護の費用も、
  ボクに任せれば全部OKさ!
  高速道路も乗り放題だよ!」

女:「お金は大丈夫?」

男:「細かいことは結婚してから考えるよ!」

女:「えぇぇぇ???」

根拠のない自信に人生を預けられますか?

根拠がある。

自民党
アニメ版の第一弾はこういう内容だ。この設定で言えば、自民党はこの女性と長年付き合ってきた男性ということになるだろうが、ポッと出てきたライバルの揚げ足を取ることしか出来ないいじけた男に女性は魅力を感じるだろうか。相手の男(=民主党)が挑発にのって泥仕合になればまだいいが、相手が特に反応せず大人の対応をしているのに、相手の足を引っ張ろうとし続ければ勝手に自分の印象が悪くなっていくだけだ。
麻生政権の「責任力」にははなから期待していないが、そういった状況判断すらできないのか。
[PR]
by tyogonou | 2009-08-28 01:06 | 国内政治 | Trackback | Comments(0)
酒井法子容疑者>「覚せい剤抜くため」6日間失踪
<酒井法子容疑者>「覚せい剤抜くため」6日間失踪以前、警察の取調べの凄さについての元暴力団組長の話を紹介した。
元組長が、警察の取調べには暴力団員でさえ耐えられない、後で否認すればいいからとにかく今(取調べの時)は認めてしまおうと考えて自白してしまう。それなのに、最初から全く認めてこなかった林真須美死刑囚が有罪であるとは思われないと主張していた。
酒井法子が本当はどんな人物なのか部外者には分からないけれども、捜査関係者が肝が据わっていると舌を巻いたというのが本当なら、そんな酒井にここまで認めさせてしまう警察というのは本当に凄いのだなと、変な感心をしてしまった。
[PR]
by tyogonou | 2009-08-27 00:38 | 社会 | Trackback | Comments(0)
<塩谷文科相>選挙民主優勢に「金につられ…」
<塩谷文科相>選挙民主優勢に「金につられ…」
 塩谷立文部科学相は25日の閣議後会見で、民主党の優勢を伝える各報道機関の衆院選世論調査結果について、「(国民が)目先のお金に釣られて、そういう雰囲気になっちゃうのかなという気がする」と発言した。
目先の金に釣られるような国民なら、定額給付金が効いて今頃自民が圧勝の勢いになっていただろうに。
ただ、世論調査の結果は私にも意外だった。民主党が本気で変化を起こそうとするなら、そこで受ける抵抗は小泉構造改革が受けたものどころではないはずだが、そういった抵抗をまったく予想していないかのようにマニフェストにあれこれ詰め込んでいるのは私にも不安に映る。自民、あるいは麻生さんも、ネガティブキャンペーンを頑張っていることでもあるし、ネット界隈ではそれが受けているようでもあるし、民主党側にその後好材料が出てきたというわけでもないし、これほどの結果が出たというのは意外だった。
「自民党への失望もあるだろうが、(現政権への)批判だけで(民主支持に)流れていくというのは問題がある。それは危険だ」
あまり声として聞こえては来ないが、失望や批判どころではない、怨みというレベルの深い気持ちを抱いている人々が結構いて、それがこんな数字に結びついているのではないかと思う。ぼろぼろ続いた失言やら失態やらが問題ではない。それらを通じて自民党の本質、自民党議員達の心底が隠しようもないほど顕になってしまったこと、それこそが現在の状況の根底にあるのではないか。
[PR]
by tyogonou | 2009-08-26 00:53 | 国内政治 | Trackback | Comments(0)
世界陸上くどいキャッチコピー連呼の是非
世界陸上くどいキャッチコピー連呼の是非(産経新聞) - Yahoo!ニュース
個人的にはやはりすっきりとしてよかった。おとなしくしていた織田裕二も、以前のような存在感がなくなったともいえるが、知識はあるので顔だけ知名度だけのタレントよりいいのではないかとちょっと考えを改めさせられた。
古舘伊知郎氏のキャッチコピーには、ホンダチームの桜井総監督を「戦う係長」と呼んだのもあった。たまたま、そのときにはTV画面を見ることができず音声だけ聴いていたのだが、レースの状況が全くつかめない実況で閉口した。暑い夏の日、通りを歩いていると道端の小さな商店から聞こえてくるラジオが、高校球児たちの熱闘をまざまざと目の前に再現してくれる。暑い夏を暑いままに楽しませてくれる風物詩だが、スポーツ実況のひとつの理想はああいったものだと思う。
[PR]
by tyogonou | 2009-08-25 23:47 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
そりゃ金がねえなら結婚しない方がいい。
<麻生首相>学生集会で「金がねえなら結婚しない方がいい」
 首相の発言について河村建夫官房長官は24日の記者会見で「若者の就職対策を進めなきゃいかんという思いが表現として出たのではないか」と釈明した。
そう思っていたのは首相というより質問した学生の方だ。首相の発言から、就職対策を進めるつもりだという意志を読み取るのはちょっと難しい。むしろ、麻生さんにとっては少子化も若者の非婚化も若者の就職難も他人事でしかなく、首相たる自分がわざわざ取り組むような「問題」ではないようだ。もしそれが日本社会にとって悪いことなら、日本を守る責任力を標榜する麻生さんのこと、こんな場末の居酒屋でたまたま隣り合った若者の愚痴を聞き流すおっさんみたいな返事はしないはずだ。結婚は金があるヤツがしてぇと思ったらすりゃあいいもの、それが日本の首相、麻生太郎の見識なのだろう。
[PR]
by tyogonou | 2009-08-24 23:21 | 社会 | Trackback | Comments(0)
若槻千夏がブログで違法暴露! シートベルトなし運転の写真掲載
若槻千夏がブログで違法暴露! シートベルトなし運転の写真掲載
この記事のタイトル、もとは「若槻千夏がブログで犯罪暴露!」だったが、道路交通法違反は厳密には「犯罪」ではないと指摘を受けたのだろうか訂正されたようだ。(本当は「違法行為」暴露とすべきだが。)
気になるのはそういった間違いがどこから来たのかということだ。
押尾学や酒井法子の事件にも同様のことが言えるが、記事の意図するところは、若槻千夏が「タイーホ」されて泣いたら面白いのにということであって、安全のためにシートベルトを着用すべきだということについてはどうでもいいのではないかとすら思える。
写真について、記事では「公道を走っている」=道交法違反で逮捕できるということしか読み取ろうとしていない。私は、まず「まさか高速で?」と心配した。一般道ならしなくても安全ということではないが、安全ということをまず第一に考えるなら、やはりそこは重要なことだと思うが、たぶんそんなことはどうでもいいのだろう。
[PR]
by tyogonou | 2009-08-21 00:07 | 社会 | Trackback | Comments(0)
なぜ娘が来ない…山城さん密葬で弟が吐露
なぜ娘が来ない…山城さん密葬で弟が吐露
 「(兄の)女房は男と女だから、仕方ない。でも、血のつながった娘(南夕花)はどうして来てくれなかったのか。父親が死んだ報道を見聞きしたら、連絡ぐらいよこすのが普通だろう」

が、渡辺さんは吐き捨てるように続けた。「僕だったら、(親が死んだ時)そんな(連絡も寄越さない)娘には育てない。残念でならない」。
山城さんは哀れだし、弟さんの気持ちもわかるがこれは言ってはならないこと、すくなくとも逆効果にしかならないことだと思う。
本来他人である女房より、娘のほうが心理的な距離をとることが難しく、過去の罪を許すというのが難しいという面もあるだろう。娘さんからしたら、籍を抜いた時点で父でもなければ娘でもない、ということもあるだろう。
娘に会いたい、葬式に来て欲しいなら、なぜ「済まなかった」の一言が添えられなかったのだろうか。あるいは最後まで泣き言を言わず、その上で「妻と娘には(訃報を)伝えるな」という遺言であったなら、彼女たちに対するせめてもの思いやりとダンディズムとして見られただろうに。
突っ張った生き方をしていた山城さんが、本当に弱く死んでいったことが哀しく思われる。
[PR]
by tyogonou | 2009-08-19 12:55 | 社会 | Trackback | Comments(0)
<衆院選>猪口さん、苦渋の断念 チルドレン「比例」明暗
<衆院選>猪口さん、苦渋の断念 チルドレン「比例」明暗
 小泉元首相には不出馬を電話で伝えた。小泉元首相は「執行部は私の言うことも聞いてくれない。人生いろいろ総裁もいろいろだから仕方ない」と話していたという。
今の状況で、引退する人の言うことを聞いている余裕もないのだろうし、もっとも大きな責任を負う人が決めるのが筋で、それを「総理もいろいろだから」などと説明するのは、苦しい戦いを率いる後輩達に対しても、彼らの決断によって政治生活の終結を伝えてきた後輩に対しても不誠実な対応だと思う。
 「純粋比例は自分のような一般人が政界に入る唯一の方法」とも話し、「それを理解していない自民党は発展途上ということを内外に示した」と語気を強めた。
今回の比例名簿が小選挙区のリスクヘッジだという批判は理解できるが、この主張は誤りだ。誰でも立候補できる選挙は一般人を政界に入れるための仕組みである。その中で一般人からどぶ板選挙を経て政界に飛び込んで来た人たちは大勢いるわけで、自分の今までの活動に自負があったのに評価されなかった無念さは分からないでもないが、素人は比例区でなければ無理などと怒るのは勘違いと言われても仕方ない。
[PR]
by tyogonou | 2009-08-18 23:12 | 国内政治 | Trackback | Comments(0)