些細なことだけど・・・
いや、些細なことだからこそ余計に腹がたつということもある。
米国人が捨てた酒瓶に反占領アート
逆に考えると、もしアメリカ軍が瓶を黒い袋で包んで捨てるような配慮を徹底できれば、
イラク国民の深いところで信頼感を呼び起こすことができるのだろうに。

バクダッド陥落直後、博物館が略奪されるという事件もあったけれど、
こういった人がいるということは、イラクの文化は思っていたより豊かであるのかもしれない。
隣国イランが映画などの分野で輝く才能を生み出したように、
将来イラクにも大輪の花が咲くのだろうか。
[PR]
# by tyogonou | 2004-09-27 22:01 | 国際 | Trackback | Comments(0)
立つ鳥後を濁す
Excite エキサイト : スポーツニュース

『プロ野球は無責任社会』 たとえばこんな風に?
根来コミッショナー、ストほったらかし

根来コミッショナーは法曹界出身であるために論理的に動くのが好きで、球界のように「感情で動く社会」はお嫌いだということのようだが、
「明日の実行委員会で辞めてやろうという気持ち。遠くない時期にこういう社会とはおさらばしたい」
このコメントは感情的ではないんでしょうかね?やるべき仕事が終わったなどというのであれば論理的だと思うけれど。

選手会とNPBの橋渡し役がいない--根来コミッショナーに聞く
あの騒動の中でコミッショナーに期待されていたことは「選手会とNPBの橋渡し役になること」であったと思うのだが、コミッショナーは中立公正でなければならないからなにも口を出さないという理屈はどう考えても良く分からない。激しく対立する意見を調整できるのは公正中立な第三者であるはずだ。

このインタビューでは「言いたいことはいっぱいある。立場上言えないだけ。やめたら言いますよ。」と言い、そのとおりにしている訳だが、批判は話し合いの最中でするべきだ。それが感情論ではない、論理的で筋の通った批判であるなら、それについて検討を加えることは問題点の改善につながるからだ。それをせずに最後っ屁のような捨て台詞をはいて辞めていくのは見苦しいし-そういった感情論を抜きにしても-球界の発展のためには何の役にも立たない。

正直、これなら渡辺恒雄氏の方がましなようなものだ。彼は、自球団の利益に(極端に)偏っていたかもしれないが少なくとも球界のことを考えてはいた。そしてファンや選手のことをほとんど考えなかったとしても、何かしらを「した」わけだから。
[PR]
# by tyogonou | 2004-09-26 23:22 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
帰宅してからでも
<反日分子>抗議ファックスに調査

とりあえず、勤務時間中の送信については教員側に非があるのは間違いない。
授業中の私語や、成人式で騒ぐ若者たちと同様、
思想信条の自由や言論の自由の問題ではない。
むしろそういった自由を守るためにこそ言動に気をつけるべきだと思う。

それから、これは過去の発言であるが
「反日的分子のために数十億円もの血税を用いることに」云々については
自衛隊イラク派遣時の小泉首相の記者会見を思い出すべきだ。
「日本としてできるだけのことを支援すると。そういうことによって、多くの外交官も、あるいはNGOで活躍している一市民も、そして自衛隊の諸君の活動も、イラク国民から評価されれば、一番恩恵を受けるのは日本の国民だと私は思っております。」
[PR]
# by tyogonou | 2004-09-26 00:11 | 社会